ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:スクール( 34 )
贈る言葉
f0025970_193275.jpg


今日で「愛すべきあんぽんたん」たちの授業が終わってしまった。

そんなに入れ込むほどの回数会ったわけでもないのに、
なんでこんなにかわいいのか。



夏休み前だったかなぁ、
けっこう前のある日、
挨拶もくねくねしていて、
座っている姿に気迫もなくて、
何を紹介しても次の週までに誰も覚えてなくて、

「先生ひとり喜ばせられなくて幸せのお手伝いしたいとか言うな!」
と怒ったことがあった。


心まで本当に怒っていたわけではないんだけど、
「してもらった(言ってもらった)ほんのちょっとしたことが嬉しくて、
帰り道に思い出したり、
家に帰ってから誰かに話したくなるようなこと」を
できる人(してあげられる人、言ってあげられる人)」になってほしいと思っていた。

 ↑人から頼りにされて、求められる人材
 ↑チャンスに恵まれてたのしく歩んでいける資質
 ↑今のうちに身につけておいてほしいセンス




秋の模擬ブライダルが終わったあたりから、
誰が見てもわかるくらいにクラスの雰囲気が変わって、

私に対しても、
前週の話の続きを求めたり、
「あれ見たよ」とか言ってくれるようになった。


欠席も減って、
号令の挨拶で頭を下げたあと、全員目が合うまでにっこりしてこちらを見てくれているようになった。



あんぽんたちは、もう、
すましてハニカムより、歯を見せて笑うことが初々しくてかわいいことを知っているし、

諦めないで最後まで頑張ることが気持ちいいことだと知っている。


これ以上の成長があるだろうか。



技は持っていないけど、
これからそれぞれの場所でかわいがられて、育ててもらえたらいいなと思う。

小技を持たずに、
チャンスに恵まれるような道を進んでほしいと思う。


ブライダルで働いてくれなくてもいいから、
みんな元気ですくすく育ってください。



寄せ書きの表紙に描いてくれた私は
やさしく微笑んでいるけど、

中のひとりずつのメッセージには
「こわかった」とか「厳しかった」という言葉が並んでいる。
そして、ここに、1年かけて注いだ以上のハートマークがいっぱい返ってきた。


ホッとしたし、
おごる約束をしたから、また頑張って働かなくてはと身が引き締まる思いだ。



ま、それもこれもまた、
ノロケです。
by nanea | 2012-02-01 01:23 | スクール | Trackback | Comments(2)
学生による模擬ブライダル
f0025970_3404267.jpg

f0025970_3403341.jpg


私はフリーランスになってから
ブライダル学校の講師を、これまで7校?8校?で
してきました。

非常勤講師で、多いときには同時に6校かけもっていたことも。

美容学校とかフードコーディネーターの学校の「ブライダルの授業」とか
ウエディングプランナー養成スクールとか、いろいろ。
関わった受講生はのべ500人は軽く超えていると思う。


活動をややシフトした今は、
単発やカリキュラム監修以外、通年ではこの1校だけ。


2年制の2年次、
ブライダルを専攻した約20名(女子だけ)のクラスで
パーティプロデュース」という授業を担当。

模擬ブライダルは2年間で最大の行事という位置づけです。


信じられないようなジェネレーションギャップに
叱ったり笑い転げたり。

ここでの日々の出来事は、
話のネタとして積み上げられている。


私は週に1回2時間しか会わないけど、
その中でずいぶん濃い関係が築けているような感じがしている。


ここでは私は自分のことをセンセイと言うし(意図的に。)
何度も挨拶をやり直したり、アイディアを却下したり、とっても厳しい先生だから
叱って泣かせたすぐあとに、二の腕を触ってくるようなところも
反抗して暴言を吐いてくるのも
けっこうかわいいと思うし、不思議にも思う。


ブライダルコーディネーター本科」を立ち上げてから3回目の模擬ブライダルを迎えるのだけど
この学校で講師を始めてからは悩んで、
「子育て」の資料をずいぶんと読んだ。
小さい子供の育て方に関する記事などに励ましやヒントをもらったものだ。

悩みはあるけど、今はたのしいことのほうが圧倒的に多いから
彼女たちから私が学んでいることのほうがずっと多いように思う。



今日の模擬ブライダル(atグラナダスイート)は
昨日まで本当にどうなることかと心配だったけど
学生たちはとってもいい顔をしていて
仕上がりはともかく、行事としての目的はしっかり果たせた感じがする。


達成感で泣いたり、
お開き後に会場のご好意で出していただいたケーキやお食事に激しくはしゃいだり(うるさーい!とまた私に怒鳴られる)
何だか楽しかったみたい。

当日やってみて
「練習」(グローブつけるとか、司会とか、音響操作とか)がどんなに大切か、
「事前の準備」(想像すること、確認すること、声に出して伝えること)がどんなに効果をもつか、
「たくさんの人が動く」のがどんなに難しいことかも、
すこし分かったみたい。


この中からどれくらいがウエディング業界に進むか、続くか、
まだ分からないけど、
大変さやたのしさを経験したことは
きっと今後の励みや強みになると思う。



サプライズで映像の中に入れてくれたメッセージ。
とても長くて、ずいぶんかわいいことを書いてくれてた。


こんなことかなとは思ってたけど
学生が話し合い中にカメラを向けていたので
怒った顔(変顔?)をしてみたら
この映像に使われた。
くっそー。



ま、
それもこれも、ノロけ、なんですけど。
by nanea | 2011-12-01 04:16 | スクール | Trackback | Comments(0)
チュアレゾンのブライダルクラス
f0025970_3183077.jpg


今週から
フードコーディネーターなどを養成する
食の専門スクール「Tu as raison(チュアレゾン)」
で2ヶ月間、フードコーディネーターコースの「ブライダル産業の中のフードコーディネーターの役目」という講座を担当します。


式場時代の先輩がフードコーディネーターに転身して、その縁で
6年ぶり?7年ぶり?の連絡で誘ってくれました。



ウエディングプランナーがウエディングプランナーと仕事する機会が少ないように
例えば、音楽とかでもお弟子さんが必ずしも師匠と同じ楽器ではなかったりするように

ウエディングプランナーだからこそ、
を生かして
有益な授業ができたらいいなと思っています。


フリーのウエディングプランナーだからこそ、
いろいろなフードコーディネーターと知り合い、
仕事を依頼したり
友人としての関係を築いたりしているということを
生かしたいです。



フードコーディネーターコースは
すでにフード関連のお仕事をしながら通っている人も多く
その志の高さに感心させられるばかりです。


2ヶ月弱(週1)の短期戦なので
私のほうも気合いを入れて
学び吸収して楽しみたいと思います。


写真は初日の朝、
目黒から富士山が見えるんだ。
by nanea | 2011-03-09 03:26 | スクール | Trackback | Comments(0)
スタートライン
f0025970_3572253.jpg

今日、本当に、まったく想像していなかったプレゼントをもらいました。

嬉しすぎて、驚きすぎて、
声が出なかった。

なんか、もっと
「わぁ〜っ!」
とか言ってあげられたらよかったんだけど・・・


学生からです。
ブライダル科の1期生。


これまで私がどんなに悩んできたか、大騒ぎしてきたから
おかげさまでと伝えたいです。
本当に嬉しい。
まだやっとスタートラインだけど。


約150人の中から「ブライダル科」を選択して、ここまで辿り着いた5人の学生に対して、どんなふうにしたら
ウエディング的なマインドを理解してもらえるのか、楽しさを経験させてあげられるのか、
思い出せる記憶の中で、1番難しい試練のように感じていたから
本当に嬉しいです。



オリジナルの写真立てにつけてくれたウサギには
手作りした、新婦のアクセサリーと同じリボンとパールで作ったネックレスをつけてくれました。
ピンクのブサカワのウサギは、私のホームページ(←見つけてくれたんだねぇ。すごいなぁ)から、私の好みを探してくれたそうです。
(ピンクだし、ウサギだし)

実際、カンペキに好み。


会っていないときにも思いやったり、
これでいいのかな?と相談したり、
インターネットとかで下調べをしたり、
雑談で出てきたハナシとかを聴き逃さないようにしたり、
アリガトウとか喜ばせたいという謙虚な気持ちをもったり、

それって「教える」ことが難しい、かつ、ウエディング(に限らずかもしれないけど)のお仕事に就くなら、もっていたい資質だと思うから

それを、こんなかたちで見せつけられて
センセイは感激しちゃったわけです。


まいったなぁ。



昨日もらった色紙で十分感動してたんだけど。

私自身が本当にたくさんのことを彼女たちから学びました。
まだ、社会に出る前に、持たせてあげたいおみやげがいっぱいあるから、もう少し、世話焼きばあちゃんするけど、
スタートラインに立つ5人の姿がとってもとってもまぶしいです。


まいったなぁ。(ノロケ)
f0025970_3563830.jpg
f0025970_3565421.jpg
f0025970_357950.jpg
f0025970_4301926.jpg

by nanea | 2009-12-02 04:25 | スクール | Trackback | Comments(1)
ハッピーのイ

テレビ(エチカの鏡)で接遇の先生が
笑顔のない女性若手社員に
「(礼をして頭を上げるとき)ハッピーと言え!」
と怒鳴っているのを見て

以来、いろんなガッコウで実践しています。

(真似はパクリではなくカヴァー。引用元も言います)



簡単に言うと、
ハッピーの「イ」の口で口角が上がって、笑顔に(っぽく)なる
ということですが

これが不思議で
今まで目が合っても反らしたり、まともに頭も下げなかったような子までもが
恥ずかしさもあって、こちらを見て笑ったりするので
自然に笑顔が増えて、声も出て、

まぁ、授業中は変わらないんだけど
始めと終わりだけ、
ちょっと雰囲気がよくなりました。

挨拶が楽しみになりました。



今のところ、試した全ての場所で効果あり。


てくまくまやこんとか
らみぱすらみぱするるるるるとか
そういう合図?みたいな、
笑顔にな〜れ、
みたいな威力です。



接遇すごい。
by nanea | 2009-09-16 12:32 | スクール | Trackback | Comments(0)
欧米ウエディングの授業
f0025970_0352226.jpg

今日は「青山ウェディングスクール」特別授業の後編。
欧米ウエディングの挙式について、でした。


通常のレギュラーなスケジュールとは別に
企画を取り入れていただいて、
特別授業として「アイビーホール青学会館」で行ないました。



ほとんどが初めて会う受講生(ウエディングプランナーの卵)たちは
大きくうなづいたり、ときどき傾げたりして
とてもリアクションよく聴いてくれました。


同じ資料、同じ知識をもっていても
受講する人たちの年齢や意気込みや社会経験などによって
違う言い方をしないといけないし

私にとっても受講する人たちにとっても、わざわざ集まったのはとても貴重な時間だと思うから、無駄にはしたくない、と思うと

何から始めて、どこまで飛んで、どこで着地をしたらよいか
とても悩ましいものです。



でも、いろんな出会いがあったこの夏を過ぎて思うのは
日本より外国のほうが、ウエディングプランナーという仕事が尊重されていたり
専門職として見られていたりすることとか

諸外国のウエディングを知ることが
ダイレクトに日本でのウエディングにも役立ったり
逆に日本のこと、日本人のことを知るキッカケになったり
プラスがとても多いということ。


まだ人に教えるほど理解しきれていないことも多いので、
これからもっと勉強したり、情報を集めていきたいと思っています。



---
写真はシンガポールで買った雑誌の中で1番のヒット。
とにかく全部がかわいくて、
別冊付録の「準備ノート」はたくさん書き込みができて、中には広告的なものも載っているんだけど、とにかく使いやすそうで(シンガポールで結婚式するなら)デザインやレイアウトもかわいくて、内容がとても濃い。
しかも、カードスタンドまでついてるの。
すごいねぇ。

コンビニで売ってて600円くらい。
ほかのブライダル誌より安いくらいでした。


f0025970_0354186.jpg

by nanea | 2009-09-07 23:58 | スクール | Trackback | Comments(0)
8/31,9/7特別授業します
f0025970_1524859.jpg

8/31と9/7に「青山ウェディングスクール」で特別授業を行います。


受講料などの詳細は
青山ウェディングスクール
03-3409-8085(担当;藤田・渋谷)
に直接お問合せください。


2回つづけても、1回だけの受講でもOKです。
番外編として(時間内で少しだけ)旅行で学んだシンガポールのウェディングのお話や資料も用意したいなと思っています。

ウェディングプランナーのお仕事に興味のある方
すでにウェディングプランナーとして活躍していてブラッシュアップしたい方
など
どんなリクエストもウエルカムです。


8月31日(月)
19:00-21:00(予定)
欧米ウエディング「Reception(披露宴)」
*前半;欧米のウエディングについて導入編
*後半;レセプション、人気の演出など

9月7日(月)
19:00-21:00(予定)
欧米ウエディング「Ceremony(挙式)」
*欧米のウエディングの挙式について(日本の結婚式との違いなど)


なかなか気軽にお誘いできる機会がないので
今回は私自身もチャレンジですし楽しみにしています。
お友達ご親戚お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。



写真は今日の収穫。
今回は10冊までと決めてたのに、
3日目にして(しかも1回で購入)7冊。

弱い。
by nanea | 2009-08-23 01:52 | スクール | Trackback | Comments(0)
真夏の卒業式
f0025970_242243.jpg

今日は、1月から始まった「青山ウェディングスクール」5期生の卒業式でした。

半年間の受講を終えたまとめとして、1人ずつスピーチをしてもらいます。
そのあとに、フルコースのお食事をするというのが決まりなのですが
用意されていると案内された部屋は真っ暗。

そこで大きな画面に、受講生さんたちがつくったオリジナルムービーが映し出されて
まんまとサプライズに引っかかってしまいました。(涙)


シナリオから編集まで
笑っちゃうくらいハイレベルなクオリティで、
極めつけに、先々週あたりにさりげなく質問されて答えた「曲」が流れていました。

ジャケットはハワイアンキルト風の切り絵で
内側に今日撮った写真を入れるところがあって、
私の席にだけメッセージ入りの席札があるの。

「席札とはー、」
って、私が教えたばっかりじゃなかったっけ。

っていうか、ここまで教えてないんですけど!


半端なことでは私が驚かないだろうと
(もともとそういう人たち→)誰も妥協しなかったというのが
よく分かる徹底ぶり。
笑って泣いて、忙しかった。

まさかこんな計画が進んでいたとは、
本当に気がつかなくって悔しいんだけど
「実は」と、いかに大変だったかを楽しそうに話してくれる受講生さんたちがキラキラと輝いていて、本当に「笑って」しまいました。

熱心に意見を交わす様子が目に浮かんで、
笑っていないと泣いちゃいそうだったんです。


PCの得意な人とシナリオを考える監督と
マメに写真を撮りためていた人と
画面に出る私へのメッセージにオチをつけてくれる人と・・・
クラスのチームワークに完敗です。


好きな色や花や
授業中以外の私のこともよく理解してつくってくれていたのが
とても嬉しかったし、
ウエディングプランナーとしての素質を確信して頼もしく感じて
本当に本当に感動しました。


とにかく、嬉しさで興奮しています。


いいでしょ。


f0025970_284257.jpg

f0025970_29787.jpg

f0025970_292661.jpg

f0025970_295722.jpg

f0025970_2101145.jpg

(1番下の写真は、私が書いた修了証。+ピーコさん御用達というチョコの図。)
by nanea | 2009-07-30 02:07 | スクール | Trackback | Comments(0)
最後の授業
大変だった日は、
その突っ走った勢いでもう1周するみたいに、
どれだけ大変だったかを話したくなります。

もっと大変になると、何も言えなくなるけど。



今週実施の検定試験に向けて、
先週から「最後の授業」が続いていて、
わりと感動的です。

今日は朝から夜まで10分も休憩がなくて、
途中からアドレナリンを垂らして歩いてました。


今期の検定(2種類)は8クラス。

わりと、感動的です。


8回目の集中講義で過去問を解いたら、
20名強のクラス全員が合格ラインを余裕でクリアしたこと、
(1ヶ月前の初回より30点以上アップ。)

秋頃に私を深刻に悩ませたクラスでは、私を無視し続けた学生が
今日は教卓の私の隣に無言で座ってきてずっと練習問題をやっていたり、
(反抗して授業受けてなかったから教えてほしかったみたい。)

わりと、感動的です。



知らなかったことを知ったり、
できなかったことを克服したり、
学生が自分の成長を感じて嬉しそうな顔を見せてくれることで
私が積み重ねてきた心労が1割くらい癒されました。


あと1割くらいは、
「センセー、時給いくらー?」
にキレて発散したので
(ウソ。=重労働だと反撃しまくっただけ)

あと8割。


結果で返してくれるといいな。



f0025970_0412223.jpg


世界で唯一、私をフォトジェニックと呼んでくれる(笑)Aちゃん撮影の写真。
これを撮ってたカレー屋さんのインド人が
ビビってナイスリアクションしてくれたダルマ。
顔認証はダルマに当たってます。
by nanea | 2009-01-27 01:09 | スクール | Trackback | Comments(0)
テストの採点
今日実施した「ブライダルの期末テスト」の採点をしています。

お友達の働くスタバで、本格的に広げてます。



100人分くらいですが、
様々な人間模様が浮かんで、
かなり動揺しています。


こういった私が作問したものは、いずれWEBで公開しようと思っているので、
「問い方」「答え方」
採点時のマルの許容範囲など、
広く意識して作っているのですが、

私の想像力ではとてもかなわないような珍回答が続出していて、


例えば、
授業でさんざんウエディングケーキの ※1
「ファーストバイト」のバイトは ※2
「アルバイト」のバイトではなくて、
噛む(bite ※3)のバイトだと、
藤原紀香の披露宴のビデオを観せたり、
しょーもないギャグを引き合いに出したりして、
しつこくしつこく言ったのに、

「ファーストバイトのバイトの意味は?」

という問いに対して半数以上の学生が
「仕事」
と答えている。


「噛みつく」
「come」
とかもいる。



私の説明がよくないことに間違いないんだけど
(本当に胸が痛い)

100人以上の採点が終わって
この謎がちょっと解明されつつあります。


というのは、
彼女たちのアタマに、
「ウエディングケーキ入刀は初めての共同作業」
っていうのがあって、

---
私はそんなこと言わないけど!

ビデオの中で徳光さんが言ってたかも・・・
---

共同作業
→作業、仕事
→アルバイト
→バイト

とインプットされているようなのです。



目の前で喋ったり、
プリントを配るより、
映像やネットなどのバーチャルなものの影響力のほうが圧倒的に強いから
私の授業も一旦ビデオに録って画面から流したほうがどれだけ集中してもらえるかと
常々現実逃避していたけど
やっぱり本当にそうかも。



10代のギャルたちに、
中には全くブライダルに興味のない子たちに、
「ブライダルを教える」
のは私にとって本当に大変な課題で、

とくに夏休み以後この数ヶ月は本当にハイペースに、
考えられる全ての方法を試して全力投球したけど、
最後までもがいたまま期末となってしまいました。


現状、理想のハードルを少し下げれば、
以前よりは少しずつ手応えは増しているような気もしないでもないから、絶望しているわけではないんだけど。


楽天の田尾監督は、
評価されるべきだったと思うんです。
(飛躍し過ぎか?)

立ち上げには、大変なパワーが必要で、
結果が出るには時間がかかるかもしれないんです。
たぶん。



そんなにまでして、週に10以上のクラスも、なんで講師を続けるのかというと、

この緊張や課題がなくなったら、
きっと私はすっかりダメになってしまうと思うからで、
それを話すたびに、
笑われたり不思議がられたりするけど、

いつもストレートに"良い""悪い"の評価にさらされたり、
何かを一生懸命に伝えたりする環境って
きっと他にはないから(私の場合)
この緊張から逃げてしまったら、
なーーんにも発信できない子になってしまいそうな気がするんです。


そう。
鏡みたいなものです。



スタバの「本日のコーヒー」は
100円でおかわりできるそうです。

こんなに通って今日初めて知った!

f0025970_2334135.jpg



【用語解説】
※1 ウエディングケーキとは・・・
http://wedding.dictionarys.jp/?披露宴%2Fウエディングケーキ

※2 ファーストバイトとは・・・
ケーキ入刀のあとでカットしたウエディングケーキの一切を新郎新婦がお互いに食べさせあうこと。
欧米で古くから行われている習慣が伝わったもので、
バイトとは英語で噛む、かじるという意味。
新郎から新婦への一口は「一生食べるものに困らせないよ」
新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげるわ」
という意味をもつと言われているものです。
もし、これがピンとこないカップルの場合には
「新郎からは(新婦の)お口の大きさで」
「新婦からは(新郎への)愛情の大きさで」(←生クリームとかが付く)
なんてアナウンスを入れて
スプーンでケーキをすくって食べさせ合ったりするのがカワイイです。

※3 biteの意味
(歯またはあごで)噛む
by nanea | 2008-12-15 23:03 | スクール | Trackback | Comments(0)