ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:フラ日記( 37 )
余韻
書いたり書き直したりしているうちに1日経ってしまって、
今日夜にやっと送ったmoana先生へのお礼のメールの
返事として先生がくださったメールに、
この日のことが書かれていてびっくりして感激の涙がどばっと出てきてしまった。

アシスタントクラスに移る前、先生と1対1でお話ししたのがほとんど初めてというときのこと。



それで、久しぶりに日記を読み返してみたら、
忘れていたことも一気に蘇ってきて、
またふわふわーとしています。



f0025970_04070632.jpg

クリスマスパーティ
(2007/12/2)
http://naneab.exblog.jp/6978933/



覚えていてくださったことも、
何百人もいる生徒さんたちのことを一人ひとりをちゃんと見ていてくださることも、
アイディアやパフォーマンスも、
先生には特別な能力があるにちがいないと思っていたけど、
気遣いとか努力とか積み重ねてきたものによるものでもあるということもわかってきて、
憧れと、偉大だ !という思いが膨らむばかりです。


でも、やっぱり特別な能力があるという説もまちがいなくて、
カルチャースクールのクラスのころと、アシスタントクラスに移ってまもないころと2回、
「ななちゃん、なんだか今日かわいいわね」みたいに声をかけてくださったことがあって

(いつもそうやってみんなに、お化粧や髪型が変わったりすると気づいてくださったり、
緊張をほぐすような言葉をかけてくれるけど、それとちょっと違う感じで。)

髪型も化粧も態度も変えていないのに、そういうふうに言っていただいたとき、
実は私はちょっとイイコトがあって、
「なんでわかったんだろう!?」
と、激しく動揺したことがありました。
(言わなかったけど!)

それからは、どんなこともmoana先生にはきっとバレちゃうんじゃないかと思って
心をオープンにしてレッスンに臨むようになったかもしれないなと、
あのときの動揺をなつかしく思い出しました。


幸せに慣れてしまっていたことをちょっと反省し、
心を入れ替えて、来週のレッスンからの次年度もがんばります。


by nanea | 2015-09-08 04:06 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
ハワイアンネーム
今日はフラの発表会でした。

品川プリンス併設の「ステラボール」にて、
3時間を超える大ステージ。
私たちも9曲踊りました。

なんだか恐れ多いような気分でためらっていましたが
ついに「1級」を取得しました。

そして、ハワイアンネームをいただきました。


1級とは、師範のようなもので、
(私はまだ練習や準備が必要だと思うので、そのつもりはありませんが)
先生のもとで、自分のお教室をもつことができたり、
一人前のスタートという感じ?

それを機に、先生がその人のためにお名前をつけてくださるというもので、
厳密に言うと、先生が「考える」のではなく、先生のもとに「降って」くる言葉を
先生がキャッチして伝えてくださるものです。


モアナ先生は、
可愛くて、色っぽくて、健康的で、色彩や空間演出のセンスがインパクトをもって光るけれど優しくて、誰もを素直に魅了させることができる特別な使命をもって生きている人だと思います。


これまで先輩たちのお名前も驚くほどぴったりで(知れば知るほど。)
自分のことはとても想像ができなくて、
だから、楽しみな反面、ちょっと恐れ多すぎるというような気持ちがありました。


f0025970_00590947.jpg


ケハウナニ

ケハウ」という言葉が
降ってきたのだそうです。

お花ではない、
ほかの植物とかでもない、
「水」のイメージ。

先生がこの言葉と一緒に伝えてくださったのが
「きらきらした霧 輝く露」
でした。


先輩たちに話すと、
涼しげなミストみたいなイメージを連想して、マイナスイオン的なこと関連づけてくださる。


「水の音」「(穏やかな)水辺」が大好きであることは周囲にはよく知られているし、
こんなに素敵な言葉は、私にとってこれ以上はないです。



浮かれているついでに、関連づけたいことがもう1つ。(ほんとはもう2つある。)


ウエディングプランナーとしてフリーランスになろうというとき、
とくに仕事で成し遂げたいことなどなかったけど、
フリーランスという業態を実現したいと思っていたとき、

まず初めにドメイン取得するために「屋号」を考えようと思った。
これが2004年の12月。


「キラキラした」とか「輝く」という意味の言葉をつけたいと
図書館で世界各国の辞書を棚から下ろしてきてテーブルに積んで、
片っ端から探していったけど、
発音が難しそうだったり、字面にピンとこなかったりして、なかなか決まらなかった。


それで軌道修正というか気分転換に、ほかのページをぱらぱらやっているうちに、
nanea(ナネア)という言葉に出会った。


(当時)私のなんでも先回りして気を利かせようと構えているところが
かえって人を窮屈にさせている
ということを指摘されることが続いた頃だったので

「リラックス」という意味をもつ、
自分の名前に似たその言葉に惹かれ、
あっさりと屋号(ドメイン)を「nanea」に決めた。

これがハワイ語。


外国語は裏の意味とか、イメージがよくないものについている名前だったりすることがあるから
正式に決める前に「ハワイ語講座」というのを見つけて
無料の体験レッスンで2人の先生にこの名前の相談をした。

(そのうちの1人が「鳥山 親雄さん」でした。
モアナ先生と仲良しで、毎年発表会で司会進行役をしてくださっているトリさん。
今日もステージ上でもステージ袖でも、フラソングやハワイの魅力を教えてくれたり、冗談で笑わせて緊張をほぐしてくれたりしました)


naneaはとてもいい名前であることを確認して、
私の屋号、ホームページ、名刺ができ、
心が入れ替わるような、まさに、第二の人生が始まりました。


ハワイ語の屋号をつけたのに、ハワイに行ったことがないというのは具合がよくないと思い、
ハワイ旅行を決めました。
初めてのハワイは2005年7月。


ここで(ビショップミュージアム)フラの体験レッスンを受けて
フラっていいなと思って、そのあとに調べ始め、モアナ先生のお教室(Ka Pa Hula O Moana)に通い始めました。


そこから9年(まもなく10年)
ウエディングプランナーのわりには、なんとなくフラダンスが似合う、
リラックスしすぎて緊張感が足りないということに悩むことさえある、
そんな人になりました。

naneaという言葉との出会いが、
想像もしなかった未来に連れてきてくれました。


そして、今日、
あのときピンとこなくてあっさり手放した「きらきら」「輝く」という言葉を
与えていただきました。



ちょっと気持ちがいがいがしたときは、
海外旅行で自分で撮ってきた水辺、水が流れる音の映像を見たりしています。

水が流れるところの、そこだけ涼しさのある空気と、見ていて飽きないようなきらきらした景色を思い出すスイッチを備えて、
自分で気持ちの安定を(ほとんどの場合)保てるようになったのは、
それまでには行ったことがなかったハワイなどの南の国の、そういう場所との出会いからです。


なにか結論づけようというのはあまりにもおこがましいし
正直なところ、ふわふわとしていて今の気持ちもよくわからないのだけど、

ただただ、
いいお名前だなーって、
ずっとうっとりしているのです。


それだけでもじゅうぶんなのに、
これを「おめでとう」と言ってくれる人たちがいるのに
びっくりしちゃって、

でも、そこはかとなく、嬉しくて
猛烈に、感動しています。



そうか、おめでとう なことなんだ。


いつも一緒に練習をしているグループでは私が最後だったけど、
今日一緒にお名前をいただいたのがあと3人いて、
みんなとってもぴったりで、とても素敵なお名前で
先生の底知れぬ愛情の深さも感じました。


みんなおめでとう。


嬉しいなぁー!


f0025970_00591005.jpg


by nanea | 2015-09-07 00:58 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
フラ・ダンサー見聞録3
f0025970_5411897.jpg


フラ・ダンサー見聞録3」が発売されました。

楽しみにしていた1冊。

私たちの先生 モアナ羽田 先生の、
フラとの出会いや思いが綴られています。

http://www.amazon.co.jp/dp/490407629X


レッスンや食事会などで少しずつ聞いたことがあったことも、
こうして文字で読むと、
「(知っている)先生」と言うより、「ひとりの人生のストーリー」という感じで
温度をもって ずっしりと、それでいて、いい匂いがするというか。


不思議なもので、口語でなくても
先生のページはリズムがあって、とてもモアナ先生らしい響きを感じます。



私は仕事や生活の中の、嬉しかったことや悲しかったことや忙しさなど
無意識のうちに全開に見せてしまうけれど、
先生はどんなときも笑顔で受けとめてくださっているのに、
本を読んで、私は先生のことをあんまり知らないなぁと気づきました。


知らないけれど、少しずつ知るたびに
好きなところが増えていくことに毎度感動するのです。

知ってガッカリするなんていうことが全くない。


私の見る目がいいということか。(ウソ)



私はやっぱりモアナ先生に出会えて本当にラッキーだったと思います。

「フラ」を習っている、踊っている、と言うよりは
お家に帰るような感覚でレッスンに行くときがあって
(=どんどんレベルアップしているグループの中で、これは、あんまり良くないことだと感じているのだけど!)

自分の力ではとても出会えなかったような人たちと、
自分の力ではとても体験できなかったような環境で、
歌い、踊り、心を合わせることができるのだから、

フラ(=「カ・パ・フラ・オ・モアナ」)は私にとって、
生活の中に「何%増量!」みたいな見出しがついているような、(いい例えが浮かばないため、スーパーマーケットっぽい)
日々の真ん中にありながら、ボーナスっぽい存在なのです。


私はひとに惹かれるとき、それはいつも「言葉」なのだけど
モアナ先生が記された中にも
先生らしい、ステキな言葉がたくさん。



ハワイのこと、フラのこと、
勉強不足で、私が知るそれらは全部モアナ先生から教えてもらったことなので

ときどき錯覚して、自分がウミガメを至近距離で見たように記憶がすり替わっていたり、
見たことがない景色、例えば、海に映る月、夜の空の色、そびえ立つ山々、虹や赤い花も、
まるで本当に見たことがあるように、たびたび勝手に都合よく記憶が変化をしてしまうことがあるけど、

それって、
(フラでは、ちょっと厄介な生徒かもしれないけど)
人生では、すごく豊かでステキなことでしょう?



みんな、それぞれのお家、お仕事、人生設計があって、
きっと忙しい中なのに、しっかり準備をして来られるので
先生だけでなく、一緒にお稽古しているみんなにも、
憧れや尊敬をいつも感じています。

好きすぎて、
私の先生は、
私の仲間は、と、自慢ばっかりしちゃう。


これからも、先生とみんなと、
たのしく踊っていけたらいいなと改めて思っているところです。



by nanea | 2013-03-12 06:46 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
プルメリアの髪飾り
f0025970_14202714.jpg


昨日のウルヴェヒさんさんのワークの前にいただいたプルメリア。
夕方まで髪につけていたけど、ずっといい香りがしていた♡

私は白のを選んだけど、
昨日は濃いピンクのほうが人気があったかな?

色によって少し香りが違うのも、今回初めて知ったことでした。


ターンしたりするたびに、ふわっと香るこの感じは
昔いだいていたフラのイメージ通りだなと思った。


私たちはmoana先生に教えていただいたやり方で
花の真ん中にUピンとか楊枝をさして、それをヘアピンで留めていたので
回ったり動いたりしても、ずっと耳の上についていたけど

ウルヴェヒさんは留めたりしていなかったようなのに、落ちなくてフシギだった。
(初めは何回か落ちていたから、留まっていないのは確かなんだけど)


帰ってから、どうしたらいいかわからないので、氷水に浮かべてみた。


今朝、出がけにかいでみたら、まだいい香りでした。
by nanea | 2012-09-20 14:19 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
ウルヴェヒさんのワークショップ
f0025970_4521617.jpg


午前中は Uluwehi Guerreroさんのワークショップ(レッスン)でした。
(午後は場所を移動して、いつも通りのmoana先生のレッスン)

ハワイの先生のレッスンを受けるのは初めてだったので、ついていけるか心配だったけど、
生歌と丁寧な指導と、近くで一緒に踊ってくれる感動と、
歌詞や地名にまつわるお話が本当にわかりやすくて、
もともと好きだけど、その100倍!ウルヴェヒさんが大好きになりました。


moana先生とウルヴェヒさんの信頼関係は今日も感じる場面がたくさんあって、
そのおかげで私たちがこんなに素敵なチャンスをいただいているのだとよくわかりました。


ウルヴェヒさんは、歌いながら踊りながら、ときどきウクレレも弾いてくれて、
何度まわっても息がきれたりしない伸びやかな歌声にも感動した!



おともだちの車に分乗して移動したあとの、いつものレッスンも楽しかった。


発表会で(ステージの上で自覚。←意外と冷静?)細かい部分のツメの甘さを感じたりして
結局は練習不足ということだけど、あとから言ってもしょうがない、ということが多かったので

おさらいというか、今日はそういう意味でも、今日でひとまず一区切りという感じで
引っかかっていたものは、しまいどころが見つかった感じだった。


そして何より、産休?育休?から久しぶりに
同期(!)が帰ってきてくれたのが、とっても嬉しくてニヤニヤしちゃった。


みんな仲良しだし、心細い点(忘れ物とか)では十分サポートしてもらっていたから
寂しい思いをすることはなかったけど
やっぱり特別なのかなぁ。
こんなに嬉しい気分になるとは思わなかった。


いい機会だから、心を入れかえて
もっと練習しようと思う!

(ときどきこの日記を読むことにしよう!)


あー、踊りっぱなしだけど、たのしい1日だったー♡

(案の定、帰ってから小一時間カコーンと眠った)
by nanea | 2012-09-20 04:51 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
フラ発表会 2012
f0025970_52334.jpg


フラの発表会(ホイケ)でした。

レギュラーなのはホテルでのディナーショー形式なんだけど
特別な記念の年だけは劇場で行なっています。

今回は、ホイケでは初めての「日本青年館」。
日本青年館はドリフ(全員集合)を録っていた場所だとか。
歴史ある大舞台です。おいっす。


ディナーショーもホールも
だんだん「初めて」はなくなって
先輩たちと「こうだったよね」という共通の認識をもって相談や確認ができたことも嬉しかったし、
個性豊かなグループのみんなが、忙しい舞台裏でも
至極ナチュラルにお互いに助け合ったり声を掛け合ったりしているのも感動した。

今回は出番が8曲もあったから、
着替えとか移動、上手カミテ下手シモテ、出入りや立ち位置など、目の回る情報量だったけど
大きな事故もなく、ずーーっとワクワクする気持ちで楽しく踊れました。


ときどき当たり前のように思ってしまうけど
お家のことや仕事のこと、
いろーんなことをそれぞれがちゃんと調整して、
それぞれにたくさんの人の応援や支えがあって立てる舞台。

自分もそうだけど、
大好きな仲間も、みんなが揃っているのは当たり前じゃない。


だから、この瞬間が
有り難いなー、幸せだなー、って
噛みしめました。



衣装は、早着替えよりも
組み合わせを間違えないかが大変で、
ドレスとレイと髪飾り、忘れ物も心配だったし、

2部は楽屋に戻る時間がないからと舞台袖に用意してもらった着替えスペースに
ハンガーラックごと持ち込んで着替えました。

練習ではお花までフルで付けることはないから
目をぱちくりしてしまうほど、みんなが美しくてびっくりした。


私たちのだけじゃなくて、1部も含めて全部、
本当にどの衣装も素敵だった。

廊下ですれ違う、初めて会うひとたちにも「素敵ですね」って話しかけちゃうくらい。


moana先生のお見立てで、
30着近い衣装はどれも、生地や形が違って、お花の組み合わせとかも1つひとつが完璧。
あっちもいいなー、こっちもいいなーとキョロキョロしてしまった。

グループの顔ぶれで見立ててくださっているから(たぶん)
いろいろな年代のいろいろな体型のひとにそれぞれ似合っていて、
そういうところが、私たち1人ひとりが、なんだか嬉しいような気持ちでニッコリしてしまう空間を作っているのだと思いました。


今年も来てくれたミユキさんが
早速ブログに書いてくれていました。

http://ichikunkun.exblog.jp/16824500/

観ておいてほしいところ、言ってなかったのに
ちゃんと伝わっていて嬉しい!!


棒、石、ぶるぶる、
そして、何よりもmoana先生のこと、
moana先生と私たちのことを
そう言ってもらえるのがとっても嬉しいです。


背の順だから偶然なんだけど、
私が先生と手をつないでいたのは、家族とかにも好評で
そこ!?って感じだったけど、
あの部分、列全体が密着し過ぎて、たのしかった。



通路で踊っているときとか
先生の近くで踊っているときも、
客席からの、moana先生大好きビームがビシビシ届いているのが見えて
それを私たちが嬉しく思ってしまうのも
ただの "発表会" ではない、自慢すべきところ。


あー、幸せ気分を挙げたらきりがないけど
もう今週から来年に向けた練習が始まるので、ウカウカしてられないんだった。


荷解きと洗濯という大仕事も残っているので、この辺で。

アフイホゥ!
by nanea | 2012-09-17 04:35 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
フラの発表会(宣伝)
f0025970_3201719.jpg

カ・パ・フラ・オ・モアナ
第25回発表会

2012年9月16日(日)
15:45〜
日本青年館 大ホール
S席 5,000円
A席 4,000円
SS席 6,000円
http://www.moana-hula.jp/


ハワイからUluwehi Guerreroさんがゲストで出演してくださいます。(ひゅー!)

生演奏にウルヴェヒさんの歌、名曲揃いで
楽しいフラのコンサートになると思います。
ステージにカラフルでエレガントなお花が咲く予定!

私も、ピンクとか白とか赤とか、いろんな衣装でいろいろ踊ります。

応援に来てくださーいー♪
by nanea | 2012-06-07 23:59 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
HO'OKENA スペシャルコンサート
f0025970_5594340.jpg


私たちにとって、今年最初のステージでした。

Ka Pa Hula O Moana(カ・パ・フラ・オ・モアナ)
から4グループが出演し、モアナ先生のソロもありました。


私たちはオープニング1曲目だったので
出番のあとは着替えて客席で観れたので
貴重な機会でした。


数日前に「衣裳を全部忘れる夢」を見たばかりで
持ちものをまとめるのに緊張を使い果たしてしまい、

楽屋でもとてもリラックスして、
練習したり、写真を撮ったり、髪をセットするのを仲間にやってもらったりして(支えられている。涙)過ごしていました。



3時間を超えるボリュームたっぷりのイベントで
たくさんの曲とたくさんのパフォーマンスと
たくさんの衣裳を観ました。

いろんな種類のフラを観て、
とてもワクワクしたり
エンディング(イベントでは恒例)の
客席とステージ全員で手をつないで歌う「ALOHA HAWAII」で感動したりしたけど

こういうとき、1番感じるのは
私はKa Pa Hula O Moanaの一員でよかったなぁーということ。

フラそのものも、お教室も、
直感的に決めて始めてしまったけど

モアナ先生を通じて出会った仲間や、フラから繋がったさまざまなことが
私にとって、とてもいい影響、大きな影響を感じていて
こんなときとくに、
よかったなぁーと感じます。


ずっと嬉しい気持ちが持続できたり、
ついていきたい!って思える場所って
願ってもそうなかなか出会えないということ。


私は、穏やかで上品で、人間味のあるKa Pa Hula O Moanaのフラと雰囲気が
やっぱり大好きだなーと思います。



ここから9月の発表会までイベントが続くので
こぼれ落ちないよう、頑張ってついていきたいと思います。



Ka Pa Hula O Moana(カ・パ・フラ・オ・モアナ)
モアナ羽田 先生
http://www.moana-hula.jp/
(Blogに今日の写真も掲載されています)
by nanea | 2012-04-30 23:59 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
ディナーショウ
f0025970_1533881.jpg

f0025970_1533262.jpg

f0025970_213261.jpg

f0025970_211599.jpg

f0025970_152493.jpg

f0025970_1524169.jpg


フラの発表会
ディナーショウ形式なので、
出演者とお客様と一緒に食事をしてから出番がくる。


出番の前、お酒どころではないはずなんだけど
なんだか今回はずいぶんとビールをいただいてしまった。


同じグループのみんなも広い会場(40テーブルくらい?)にばらばらに座っているので
みんなが準備に向かうのをキョロキョロ見ていて(自己管理が甘い)
ちょっと落ち着かないけど、
招待したお友達と一緒にステージを見たりできるのは
とってもいい。


衣装がかわいいとか、
曲がいいとか、
あの手はマイレを表しているとか、
すっかりお客さん気分で見ている。

同じテーブルの、ほかのクラスのひととおしゃべりしたり、
スチールギターの音色に夢中になったり、
客席はたのしい。



そもそもホテルの「宴会場」は居心地がいいでしょ。


厨房を通り抜ける感じも、
シワのないスカイブルーのテーブルクロスも、
婚礼料理とは違う
ちょっとクラシックスタイルな和洋折衷もたのしい。


(従来型の)和洋折衷ってこんなだった。
お皿の上でミックスされているのではなく、
お皿ごとに、和調(和食調理場)さんと洋調(洋食調理場)さんから出てくる感じ。



今回のコースは
テリーヌ、パイ包みのスープのあとに煮物。
つづいて、
プラッターサービスのお肉料理のあとに
サラダとお寿司。

フルコース。
ターンテーブルが生かされている。


デザートは食べそびれ、写真も撮りそびれてしまったけど
秋の彩りだった。


ザ・宴会料理。

ビバ。



今回が24回目の発表会。
10年、15年、など節目を迎えるメンバーには表彰?もあって
心からの拍手がたくさん贈られる。


出る人にとってもそうだけど、
観る人にとっても年に1度の楽しみとなっている「恒例」な行事なのだとよくわかった。


(つづく。)
by nanea | 2011-11-24 02:17 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)
フラ発表会
f0025970_23463837.jpg

f0025970_23475598.jpg


日曜日は、年に1度の大イベント、
フラの発表会でした。

モアナ羽田先生に指導していただいているたくさんのクラスのみんなが集合する、感動的な催し物です。
緊張もたのしさも、心の伝わる特別な会です。


私は、発表会に出るのは4回目で
クラスが変わってからは3回目。

去年が数年に1度のホール公演で、
今年は品プリでのディナーショウでした。


一昨年は初めて尽くしで、あんまり覚えていないけど
今年は準備も担当の係をもたせていただいて、
同期やお姉さんたちを頼りながら、
準備も踊りも、実感しながらできました。


リハーサルのあと、本番前に
200人以上で撮る「全員集合写真」も年に1度の大行事ですが、
撮影前も少し余裕があったので
ちゃんとセットされたプロの撮影コーナーで
ひとりずつ写真を撮ってもらったり
(修正までしてくれるらしい。お見合い写真に。)
差入れのお菓子をいただいたり
たのしく過ごしました。


1曲だけ出場?出演?するイベントもたのしいけど、
発表会は荷物も多いし、
早着替えとか、カミ手シモ手の移動とか、
踊り以外の不安要素もとても多い。


でも、
背中のチャックも、もたもたしているうちに誰かが上げてくれるし、
舞台袖ではみんなが声を掛け合っていて、
ときどきちょっとふざけていて、
とってもいい。


お客様たちが、先生やお姉さんたちのフラにうっとりしているのも嬉しい。
目をキラキラ輝かせて見ているのも嬉しい。



ステージに立ってわかることってやっぱり多くて、
また1つもこぼさずに覚えていたいなぁーと思う。


尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。


(つづく。)
by nanea | 2011-11-24 00:26 | フラ日記 | Trackback | Comments(0)