ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ハワイ( 33 )
TARGET(2)
f0025970_3565116.jpg

f0025970_357578.jpg

f0025970_4181087.jpg


旅行中の写真で
もっとも気に入っているうちの1枚が
上から2枚目の、です。


このけだるいお姉さん座りのまま
棚に商品を並べているお姉さん。
同僚(と思しき男性)が出勤してきても
このままの姿勢で挨拶してました。

同僚(と思しき男性)もナチュラルなリアクションだったので
きっと彼女はいつもこうなんだろうと思いました。

私の大好きなスーパーは、こんなふうにつくられてるんだと思ってホッコリ。

平和だ。


f0025970_3575747.jpg


TARGETは
とにかく何もかもがでっかいんだけど
全部かわいいんですよねぇ。

お金持ちになったら、
カラフルなケース(ストッカー?)をばんばん買って
ずどーーんと日本に送ったりしたい。


写真見てるだけで
興奮してくる。


TARGET日記(1

至福のとき(大漁祭)
by nanea | 2010-12-15 04:23 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
レイ(マウナラニベイ)
f0025970_0143112.jpg

f0025970_0145129.jpg


4泊6日の旅行で、
はじめの2泊はハワイ島の「マウナラニベイホテル」でした。

初めてのハワイ島で
ホテル選びはけっこう時間をかけました。

ガイドブックとか、ネットの口コミとか相当読んだ。

それで実際に予約したのが遅かったので
リクエストして予約が確定したのが出発の前々日だったけど
本当に正解。

世界でも屈指のパワースポットと呼ばれているスポットを有する
大きな大きな敷地をもつ「マウナラニベイ」のホテルです。


出発直前に、
たまたまこのホテルに11月に泊まった友人に
「スパまでだって歩けないよ」
「自転車で敷地の外まで行けないと思う」
というのを聞いて
慌ててレンタカーを予約して、大正解。

命の恩人と言いたい!


ホテルの敷地に通じる門(マウナラニベイリゾートの入り口)から
ホテルの建物までが2キロだか3キロだから、
もうとんでもない広さです。


命からがらホテルに着いて
(門をくぐってからも迷った。ナビが途中で到着した感じになって終わっちゃったから)
すぐにレイをかけてもらいました。



壁がなくて、
ずどーーーんと大きい建物には、海から山にぬける風が通り抜けて

とんでもないような規模なんだけど
穏やかで居心地のいいホテルでした。

日が暮れる頃に、ビーチに
アレなんて言うんだろう、ライトの代わりみたいな感じで炊かれる火の、
それを点けるためだけに、トーチをもった裸のファイヤーマンみたいなマッチョな現地の人みたいな人が走って出てくるの。

子供たちが追いかけているんだけど
ウッホッホみたいな感じで軽快に駆けていくのね、

あれが面白かったなー。

ハンモックがあったのも、カメがいたのも
この「マウナラニベイホテル
です。
by nanea | 2010-12-07 23:49 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
Mu'umu'u Heaven
f0025970_1124683.jpg

f0025970_1121272.jpg

f0025970_1113821.jpg

f0025970_1125546.jpg


カハラからレンタカーで
オアフ島の東側、海沿いの道を少し北上して
カイルアタウンに向かいました。

地図もナビもないドライブ。
途中から、前回参加した半日観光で通った道につながったので
大きく1回右折するところだけ看板の表示に集中して
あとは奇跡的に。



主目的の1つだった「Mu'umu'u Heaven」へ。

竹から出来た素材(?)でテロテロの生地の黒いワンピースは
袖とネックラインにムームーが使われていて
初めはそのムームー部分の色や柄で選んでいたんだけど
「あなたのサイズはコレ」
とお店のお姉さん(上の写真)に話しかけられて
(よく見ると、個別にサイズがすごく違う)
その3つくらいのうち、
「コレ」
と(イメージ?)
言われたので
それを試着しました。


着心地の良さと
Mu'umu'u Heavenの服がほしいっていうのがあったので
すんなりと決めてしまいました。

試着のときにはお茶も出してくれたりして
なんだかとても気分がよく、

お姉さんが「似合うわー」と言って(←たぶん)
お姉さんのデジカメで写真を撮ってくれた。

それで気分よく決めて、
買うと決めていたクラッチと、
りんご柄の大バッグも買いました。


さまぁーずが来たことも教えてくれて(モヤモヤさまぁーず)
funnyだとかそれくらいの浅い会話だったけど
帰ったとき実家で録画されていたそれを見て(親子でさまぁーず好き)
お姉さんが言っていたオノポップ(=ONOPOPS)の謎が解けました。



レジの下にあったカゴの中から好きなエコバッグ(これもヴィンテージの生地/写真のエメラルド色の)を選んで
それに入れてもらいました。


帰りがけに撮った(&撮ってもらった)写真。
お姉さんステキ。



車が多いカイルアタウンでは、
流れにのってショッピングモールの駐車場にとめて
そこから先はiPhoneのgoogleマップ(ナビ)を頼りに歩いたんだけど
結局それだけで、すぐホテルに戻っちゃった。

カイルアビーチは次回だな。
by nanea | 2010-12-07 01:31 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
レイ(ザ・カハラ)
f0025970_3494317.jpg


ハワイ島のホテルでもくれたんだけど
カハラも到着するなり入り口で
(外の、荷物を運んでくれたり車を動かしてくれる人たちのところ)
レイをかけてくれました。


ようこそ、の意味かな。


フラでも生花のレイをつける機会は少ないから
重みや香りを感じることも私にはとても嬉しい体験です。

つけると首もとがヒンヤリとして
日本のよりちょっとだけ肉厚のお花はレイの状態でも案外もつんだなと思いました。



今まではレイって
なんだか、正解者だか観光客だか
ウカレた感じがして
(衣裳はベツ)

現地のひとの文化だと思っていたけど
かけられた瞬間に簡単に吹き飛んでしまった。

こんなに嬉しいものだと知りませんでした。


小さな感動と発見の積み重ねです。

f0025970_3495434.jpg

by nanea | 2010-12-07 01:00 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
f0025970_158476.jpg


ハワイに3回も行って
虹を見たことがないなんて
言い出せなくて。

旅行ノートのTO DOリストにも
虹って書いておいたけど
やっぱり会えそうになくて。


帰国日、ホテルから空港に向けて乗ったタクシーは
運転手さんがよく喋る人だったので
(日本でも、私と一緒にタクシーに乗った人に「こんなに話しかけられる人、初めて見た」とかよく言われる)
テキトーな会話で盛り上がって
(どの国も、運転手さんの話は若い頃の自慢か家族のグチなんだ)
虹のことなんてどっか行っちゃったころ・・

急に現れたのだ!


もってる!


180度、
両足くっきり!
七色くっきり!
くっきりはっきり!


びっくりマーク100個分くらいつけて、片言の英語で
運転手さんとハイタッチしながら空港までのドライブは楽しかった。


虹が見えて、慌てて窓を開けて写真を撮っていたら
一瞬シャワーヘッドを向けたような雨が降ってきて
ウソー!と
大騒ぎしているあいだに
また晴れのエリアに。

あれは何だったんだろうと思っていると
虹のアーチが途切れていて
なんか変なかたちになっていて
運転手さんがすごい笑っていて。



虹が見えるってこういうことなんだ、ってわかった。


見えるだけがステキなんじゃないっていうか。


角度によってはとても美しく、
角度によっては気がつかないような。

晴れた日曜日なら
お庭のホースの水で簡単に作れるけど
ハワイの空の下だからこんなにステキなのかもって思うし、


でっかいプレゼントをもらった気がして
特別に嬉しい。
表しようがないくらい、嬉しいんだ。


もしかしたら、たぶん、一生会うことはないかもしれない、名前も知らないおじさん(運転手さん)と
あの瞬間あんなに楽しさと感動を分かち合って、
(空港で荷物を降ろしてもらって、どちらからともなく自然に握手してバイバイした。チップをはずんだのはたぶん関係ない)
あの虹より上を飛んで帰ってきたわけでしょう。


虹より儚いものの中で生きているんだな、とか思っちゃう。


もう何を見ても拝んでしまうような気分です。
by nanea | 2010-12-05 02:24 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
夢かもしれない
f0025970_0474025.jpg

旅行は、自分が行くのも大好きだけど
ひとから旅行の話を聞くのも大好きです。

行ったことがあるところの話も
ないところの話も。


とくに、身近なひとから
写真を見せてもらったりすると

そのひとの前に
こんな風景があったのかと思うだけで
世界を近く感じたり
そのひとのもつ奥行きを感じたりできて

とてもフシギな、
心細いような、幸せなような複雑な気持ちになったりします。



これ(上の写真)は、
つい10日前くらいに自分がこの目で見て、
撮ってきた風景なんだけど

なんだか夢の中のことのような、
でも、たしかに見たんだと思うと
泣けちゃうくらい懐かしくて、

広い広い海からの穏やかな風と
旅の初日のぼわーんとした感動が
体の底からわき上がってくるような感じで思い出せます。


私の目の前に、
こんな風景があったなんて。


なーんか、現実味がない。


ハワイ島のマウナラニベイです。
by nanea | 2010-12-04 00:49 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
マウナ・ケア山頂サンライズ&星空ツアー(3)
f0025970_4462013.jpg

f0025970_4462961.jpg


Mauna Kea(マウナ・ケア)は、標高4,205m。
富士山より高いですが、山頂まで車で行けます。


高山病予防のために(?)と
途中のオニヅカビジターセンターで
スターゲイジング(&休憩)
がありますが

心配するような息苦しさなんかは全くありませんでした。

注意事項があるので
(お水をとるとか、ゆっくり行動するとか)
それだけ守っていれば、とのことでした。


途中、
「富士山の高さを越えますよー」
という瞬間もガイドさんが行ってくれるので
車の中で
よいしょ、という
タイミングがあります。

暗いし実感ないんだけど。


寒くて寒くて、
車から出たくないような気持ちになったり
(出なくても怒られたりしないし、待っててもいいらしい。実際いるんだって)

サンライズなんてもっと泣いちゃうような感動があるんだと思ってたんだけど
なんか、
「寒いからもう早く出てきちゃってよー」
というような気分で(たぶん、みんな。)

でも、出てきた途端、ぐんぐん上がってくるから
「早く写真撮らなきゃー」
みたいに急に忙しくなって

太陽が出てくると、
急に寒さがやわらいだりもして(でも寒いけど)

なんだか、想像していたような
ドラマチックな、
ロマンチックなようなことは
あまり感じられなかったけど

その日の昼間、空港に向かうレンタカーの中で
腕がかゆくなるほどジリジリと照りつける太陽を見て
これがあの太陽か、と思ったり
オアフ島でも、
街でも海でも夕方も、
この太陽があの太陽か、とか

こんなことが毎日ずーっとずーっと繰り替えされているんだとか思うと

なんか面白いですね、
って思います。


日本の寒い冬の日差しも、
ハワイでジリジリと肌を焦がすのも
同時に1つの太陽がしてるんだもんねぇ。
ふしぎ。



これから太陽を見上げるたびに、
きっとあの瞬間をちょっと思い出すんじゃないかと思います。


当たり前のことを知るために、
ときどき特別なことをしないと気がつかないってことあるなーって思いました。



つづく。
by nanea | 2010-11-28 05:05 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
マウナ・ケア山頂サンライズ&星空ツアー(2)
f0025970_4223370.jpg

f0025970_4213879.jpg

ハワイ島に行こうかな、と思って
どうしようかな、
オアフ島にも行こうかな、
何日滞在できるかな、
とブツブツ思いを巡らせながら
いざ今からHISに向かおう、というときに

偶然バッタリ、
フラを始めたばかりのころに遠くから見て憧れていた(当時は話したこともなかった)お姉さんたちに
会ったんです。

高島屋のエスカレータを上がって2歩目くらい、
5メートル先くらいにふたりが現れて。


会うのは1年ぶりくらいだったのに、
しかも「憧れのひと」だから、そんなに話したこともなかったのに
こんな偶然はないと思って、
お茶しに行くというふたりについて行きました。


それで、ハワイに行こうと思っている、というようなことを相談したら
太公望のツアーがいいよ」
と教えてもらって、
たいこうぼう?
とメモして帰ってから検索しました。


ほかの友達も参加した人がけっこういて
「ハワイ島の定番」なのだと知りました。


ツアー詳細:
http://taikobo.com/sunrise/top.htm


あとから、フラの先生も
今月このツアーに参加されていたことを知りました。
急に決めた旅行だったので、今回は先生に相談しなかったのだけど
先生も今月(!)ハワイ島に、さらに、このツアーに参加されていたなんて!
(今朝先生のWEBサイトを見てビックリ)


詳細のとおり「お迎え」に来てもらって、
車に乗れる人数が限られていることから
ホテルが決まらないと予約ができないので

直前の直前までホテルが決まらなかった私は
(出発の24時間前には予約できてなかった)
ぎりっぎりのところで滑り込みセーフで
無事に参加することができました。


3人ずつ4列だったかなぁ、
とすると、12人定員かな?
の最後に乗り込んだ私は
ホテルのお迎えが「3:05」


1:00にセットした目覚ましより先に起きて
Tweetしたり、緊張でお腹が痛くなったりしながら
2:40くらいからホテルの玄関でソワソワ待っていました。

ホテルのロビーには壁がなくて、
そのままビーチにつながっているので
誰もいない広いホテルのロビーに
海風や波の音が響いてちょっとこわかった。


1人で参加するのは私だけだったけど
ガイドのJさんも参加のほかの人たちもみんな優しかったので
とくに困ったり気まずい思いをしたりすることもありませんでした。


写真は日の出直前、山頂での記念写真と
乗り込んだ車。

寒くて寒くて、
とてもこのフードを外すことはできませんでした。

中に冬のコート(ラベンハムのキルティングジャケット)と
その中にパタゴニアのフリース、
長袖Tシャツとヒートテックインナー、と割ともこもこで行ったけど
全然足りなくて、
ツアー料金に含まれている貸出用の防寒コートの威力に救われました。


太公望のWEBアルバムに写真がアップされています。
http://www.flickr.com/photos/taikobo-albums/sets/72157625330460037/


自分のカメラと太公望のカメラの両方でガイドさんが撮ってくれるので
温かいココアといい、
もう、至れり尽くせり。


「マウナ・ケア」について、
スター・ゲイジングについて、
まだまだ続きます。
by nanea | 2010-11-28 04:40 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
お気に入りの1枚
f0025970_19472120.jpg

f0025970_19465167.jpg


旅行中、たーーくさん撮った写真の中で
とくにお気に入りの写真です。(上)


ホテルの1F(プールやビーチにつながっている階)には
ミニ森があって
中の川(?)でカメが泳いでいました。

不審な動きでかわいかったので
しゃがんでカメラを構えていたら
子供たちが寄ってきて
一緒に覗き込んできました。

カメラを構えているのがお兄ちゃんで
手前が弟。


はじめはちょっと離れたところにいたのに
ふたりともどんどん近づいてきて。

カメが水面から顔を出したりして
いい雰囲気になってきたら

ふたりが私に色々と話しかけてきて
(「コッチ見たよ!」とか「こういうふうに向けるともっとよく撮れるよ」とか、たぶんそんな感じ。私にアドバイスしてる感じ。たぶん)

子供の英語は大人以上にわからないので、
なんとなく空気を読んでリアクションしたけど

がっかりさせてはいけないと思って
きりのよいところで引き上げてきました。


子供は早口だし兄弟ふたりでいっぺんに喋るし
私が外国人でちゃんと通じていないことなんてお構いなしという感じだから
申し訳ないやら悲しいやら。


でも、いい写真だよね。

このカメ、ほんとに人懐っこくて
かわいいの。
溺れてるふうで、目が離せなくて。


ちびっ子兄弟も、
無意識に
外国人と言葉を超えて交流しちゃってますから。

グローバルな大人になりたまえ、だ。


f0025970_1946301.jpg

by nanea | 2010-11-27 20:03 | ハワイ | Trackback | Comments(0)
帰国
f0025970_16471169.jpg

成田空港にて。


帰りの飛行機もずっと
「のだめ後編」観てました。


いい旅行だったなぁー。


写真日記はまだ続きますが
明日から通常営業です。
by nanea | 2010-11-26 16:47 | ハワイ | Trackback | Comments(0)