ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
乙女説
こう見えて、おまじないとか思い出グッズとかが好きで、
いや、もしかしたら、見たままかもしれないけど(かわいいもの好きだし、ピンクのものとか身につけてるし)
でも、デトックスに例えられるほど毒を吐く(=率直な意見を言う)とも言われ、
結局は「意外と乙女だよね」と言われることが多い。

オトメ ??

女の子らしい、ではなく、オトメなんだろう。ま、いいや。


おまじないとは違うかもしれないけど、
ゲンをかつぐっていうのは異常なほど日常。


担当するパーティーがある朝には最初に聴く曲は決まっているし、
遠回りしてでも通るコースもあるし、歩数を数えてなかなか家に入れないこともあるし、
シャンプーのプッシュ回数に絡めるときもあるので泡だらけになることもある。
ナナなので、たいてい何でも7個にするというので育ってきたからだと思う。

いいこともあるけど(食べたいお菓子は7個までOK。8本入りのアイスの箱から1日で7本食べちゃうときもあるけどOK)
近くにいたらかなり面倒くさいヤツだとは思う。

なので、人知れずやってます。(あ、言っちゃった)


でも、そうやって、プチミラクルが起こっていると信じているし、
今日もちょっと嬉しいことがあったけど、それも日々のおまじないの成果だと信じてしまう。

やめても変わらないのかもしれないけど、無理にやめることもないかなと思うので、続けています。


先週、そんなことをぐるぐる考えながらドライブしていたときに、誰もいない夜道で横断歩道の白いところだけ踏んで歩く女子高生を見かけた。
彼女が通り過ぎた後に撮ったのがこの写真。


意味なく跳ねていただけかもしれないけど。
彼女にもいいことがありますように。


f0025970_423263.jpg

by nanea | 2006-08-22 04:23 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
残暑お見舞い
私の手紙好きは両親の影響もあって
たぶん字を書いたり読んだりがやっとという頃から始まっていたみたい。

ネットがない中高時代には趣味の情報交換のため全県の人たち数十名と文通していたのは今では信じられないくらいだけど、とりあえず20歳くらいまではスゴイ文通少女だった。(似合わない??)
メールを始めてからはもっとスゴイかも。
携帯メールや電話はあんまり得意ではないので足して割ればちょうどいいんだと思う。


ものを送る機会が多いからかもしれないけど、今でもけっこう手紙を書くし、もらうこともけっこうある。
字は手で書くよりPCで打ったほうがずっと速いし、
手紙はほとんど下書きをする私には正確かつ経済的な方法だから(たいてい下書きとは違うことを書く)、
どんどんメール比率が高くなってきてる。
こうなると書きたい放題で、2000字の制限に引っ掛かるのは当たり前、プリントしたら4枚になって驚くなんてことも珍しくない。

読むほうは大変で申し訳ないなぁと思うけど、相当するボリュームの返事をもらうと更にスイッチが入ってしまう。
何を書いているということではなく、ただ長いのが問題。
この日記がむだにながいのも、そんな性格が起因してるんだ。


ちょうど昨日も、4年前に会場案内で担当したお客様から
北海道にお引越ししてから私を思い出して下さったと写真とお手紙が届きました。
牧場の牛と3才になるご子息のアップ写真の2枚。
モォ最高!(嬉)

真面目でご家族を大切にする新郎新婦だった。けどキュートな一面は知っていたつもり。(挙式後に頂いたお菓子がものすごく美味しかったのも急に思い出しました)
会場の都合で当日は立ち会えなかったし、ゆっくりお話ししたのもほんの数回だけど、この写真とお手紙を送ってくれるセンスは、やっぱり出会うべくして出会ったのだといま改めて確信し、4年前のご案内時のことを思い出したりしてます。
よかったね、私。


今年は夏のグリーティングカードを作らなかったので頂くばかりだけど、
季節の挨拶状っていい文化だなと実感する今日この頃。

また、営業とか仕事のためとかではなく、人として(!)
「お礼状」は大切なもの。
書けと言われて書くものじゃないし、かえって気を遣ったりすると意味がないけど、自然に出来るような文化はずっと残っていてほしいものです。

前の日記にも書いたサービスに関する本に、
芥川龍之介が師である夏目漱石に送った手紙や友達に宛てたお見舞い状が載っていた。
ほかにも著名な文化人のプライベートなお手紙がいくつか。
どれも短いけど相手を思いやる心が感じられて、本当にかわいいの。

もらった人がきっと嬉しくて大事にとっておいたから、こんなふうに残ってたんだろうな。

人の手紙を見るなんてアレだけど、
大切な文化の伝承になると思うゾ。


f0025970_3135727.jpg



豆知識:「残暑見舞い」は「立秋」以降というのが一般的で、
暑さを感じる期間中はいいのだとか。
ただ、「処暑」(8/23〜9/7)までという説もあるらしいです。
あと数日、まだ間に合います。
by nanea | 2006-08-20 03:01 | 日記 | Trackback(1) | Comments(3)
夏休み

1年中夏休みのような生活をしている私ですが、
とくに今週は何曜日の何時にどこという種類の仕事がお盆休みのため、
完全に油断した時間帯で生活をしています。

家でPCに向かっている時間も長く、
なんとなく新しい何かに触れたい衝動にかられて
夕方ふらっと自由が丘に出掛けてみました。
自由が丘の滞在時間は1時間程度でしたが、自由が丘って楽しいと思いました。

わりと家からも遠くないので、乗り換えとか駅前とかはときどき利用しているものの、
ぶらぶらしたのは何年ぶりだろう。
知らない道に知らない店が。
雑誌で見たことがあるジュエリーショップ(ブライダルで有名)とか
おしゃれな風呂敷屋さんもあった。
誘惑が多くてまっすぐ歩けないっ。

お目当てのお店は
「ドゥー・ディマンシュ」
という小さな雑貨屋さん。
http://www.2dimanche.com/index_main.html

ナタリー・レテ
http://www.2dimanche.com/goods/nathalie/nathalie01.html
のデザインしたものがいろいろ置いてあるので青山店には行ったことがあったけど、自由が丘は初めて。
小さいお店だったなぁ。


で、また思いがけずその向かいにあった
「EIN SHOP」
http://www.einshop.fu.shopserve.jp/
というところに吸い寄せられるように入り、
CathKidston
のバッグを買ってしまった。。

最近アロウズやシップスなど色んなセレクトショップに置いてあったので気になっていたけど、
ちょうどいい大きさで思ったより安い手提げがあって。むふ。



それにしても今日は、変な人が多かった。

夕方多摩川を渡る橋を自転車で走っていたところ、コントより出来過ぎなチドリ足の3人組がいた。
多摩川で宴会したんだろう。
もう、すごいの。BBQや花火組の団体の数が。
でも、出来過ぎ。
お願いだからもう川辺には戻らないでねとよけながら自転車で追い越した。


地元の駅のホームには上下スエットに裸足、というすごく太った人がいた。
ホームのベンチに腰掛けてるんだけど、足は伸びている(たぶん浮かしてる)。
近くに靴も荷物も無く、ドアが閉まる直前に電車に向かって踏み出したけど、間に合わず。
あのままずっとホームにいたのかなぁ。とりあえずあんまり観ないようにして通り過ぎた。


今日は何曜日だっけ?
日曜日?月曜日だよねぇ?
と同じ歳くらいの女性に話しかけられた。
自由が丘の駅に向かう途中の人混みの道で、あまりにも自然だったので、
誰かと間違えてしまったのかと気がつかないふりをしてみたけど、
ねぇ?ともう1回言われた。
やっぱり私?
ドッキリ?
動揺したけど、とりあえず気がつかないふりをして、でもちょっとうなずいて通り過ぎてみた。伝わったかなぁ。


暑いからねぇ。
頑張れ、みんな。



f0025970_5595738.jpg

by nanea | 2006-08-15 06:00 | 日記 | Trackback | Comments(4)
愛する言葉
岡本太郎と岡本敏子さんの本を買った。
(なんで岡本太郎にはさんが付けられないんだろう)

f0025970_032595.jpg

ブライダルの仕事に特別にこだわっているわけではないんだけど、
結局ここにいて、
いや、すっごく好きだし楽しいんだけど、
天職だなんて自分で言うつもりはまだないです。

でもいつも、私がやりたいことがそこにあるような気がして、
使命だか願望だかよく分からんものにじんわりと充実感を得ていたような。


春から始めた週1の、私にはとても非現実的な、フラ(ダンス)のレッスンの帰り道ふと気がついたんです。

始めたばかりのフラだけど、踊っているのが楽しくてたまらなくて、
なんでこんなにいいんだろうと思ったら、
仕事や私の性格に1つの共通するポイントを見つけたのです。


たぶんALOHAみたいなことだったり、
もしかしたら岡本太郎の世界かもしれないけど、
どちらも深くて私はあんまり理解できてないので、自分の言葉で言うと、
自分もまわりも、
幸せ〜
とか
嬉しい〜
とか言っちゃってる場、言っちゃってOKな場、みたいなことかもって。

好きな人がそこにいる、美しい月が出てる、
山がある、ここはハワイ、夢が叶います、なんて言って身一つで踊っちゃうんだもん。楽しい〜 (安易過ぎる理解)


生きていくってそんな易しいものじゃないけど、
幸せな状態や世界平和を堂々と望んだっていいじゃんと、
ちょっとおバカなくらいがちょうどいいと、思う。
なんか軽いかな。



今日たまたま本屋さんで見つけて買った「サービス」に関する本に
「おもてなしの極意」みたいなことが書いてあったけど、

究極のサービスは「お客様に関心をもつこと」「相手を好きになること」というようなことだと(本で)言っている人がいた。
少なくても私は、そんなに器用にスイッチの切り替えはできないから、↑の理論には、経験と実感をもって全く同感。


最近は「ホスピタリティ」のセミナーを受けたり、こんな本に出会ったりしていることもあるかもしれないけど、
人が素直にニコリとしてしまうような環境づくりについて、まじめに考えてみたりしています。

でも結局、ルールだのマニュアルだのというより、
誰かのためにこちらが笑っていられるような心と身体の体力をもっていることが大切なんだよねと、自分の持論で落ち着いてみたりして。


ありがとうと言ってもらうためでもないし、
過剰なサービスなんてナンセンスだし、

結局は自分の立場でベストを尽くすことや、
誰かのことをよく見て、その人のために、
ちょっと足をとめたり一歩出れたりできるかどうか
ってことなんじゃないかなぁ。



なんか分からないけど夢を語っちゃったとか、
なんか分からないけど普段言えないこと言えちゃったとか、
なんか分からないけど休まったとか(※)、

誰かのそんな人になれたらいいなーと思う。

だからブライダルがいいのかもねぇ。


「夢は声に出して言う」そんな調子でずっと来たけど、
大人なんだからそろそろそういうのは止めたほうがいいかなと思い始めていたけど、
最近セミナーで話を聞いたカッコイイ40代の男性経営者が
「夢はどんどん言ったほうがいい」
と言ってたから(私に向かってではないけど)
やっぱり言っていくことにしました。


まだまだ道は長いけど、
いつか、そんな(※)魔法を使えるようになりたいなぁ。



岡本敏子さんの
「(中略)ニコニコしていればいいじゃない」
という言葉が好き。

とりあえず今わたしが出来ることは、元気でニコニコしていることかもしれないなぁ。
そして、しっかり自分の仕事をする!
いいもの食べて元気でいよう。


f0025970_0465471.jpg

>島田家の皆さま メール有難うございました!
メンバー加入の日に向け、お体を大切に、楽しんでください!
by nanea | 2006-08-11 00:35 | 思うこと | Trackback | Comments(3)