ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
川と生きる
アウトドアとは縁遠い私が
先日お気に入りのpatagonia(kids)の服を着て学校に行ったら
「せんせー、パタゴニアとか好きなのー?」
と学生がやたらどよめいていた。(意外ーっ、って。)

・・ちゃんとキレイな格好してこ。

あ、いきなり話が逸れてる。


--

アウトドアとは縁遠い私ですが
川(多摩川)のない生活は考えられない、と思っています。

ドコに行くにも多摩川を越えて行くので、電車や自転車、徒歩で横断しながら、その日の天気や空気の澄み具合を確認します。


土手に人が増えると、暖かくなってきたなぁと感じるし、
花火の準備が始まったりすると夏を感じたり、
そんな大きなことだけでなく、日々の季節感をそこから感じることができています。


なので、自分の普段の行動範囲を越えたとき、
多摩川でなくても、川があるとホッとすることがあります。
富士山が見えたり、東京タワーが見えたりするのと、同じような感覚で。


最近の私の行動範囲は広いので、週の半分以上、
3つくらいの川を越えています。
多摩川のあとに、中川、新中川、荒川など。
電車のルートをかえると隅田川も渡る。

あの川の名前が書かれた大きな青い看板を見るとワクワクするのは何なんだろう。
誰でもそうなんでしょうか。



f0025970_2362048.jpg

昨秋に北海道旅行のときにも、同じように電車の窓に張りついて川を眺めていました。

何度も「石狩川」を渡りました。

ん? また石狩川??
と、プチ混乱で動揺しましたが、
車内にあった地図を見ると、線路や川がくねくねしていて、そういうことになっていたようです。

何だかそういうのもワクワクしてしまいました。


今日はいいお天気で、多摩川の風景もとってもキレイでした。




f0025970_2352464.jpg

f0025970_2353523.jpg

f0025970_2354585.jpg

写真は今日のじゃないけど(↑3枚とも3月半ばの同じ日。日が暮れていく過程です)
by nanea | 2007-04-30 02:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
オーディション体験記2
つづき


それでフリートークは、その与えられた3分間で考えたことではないことを思いついて話しました。
我ながらテーマは良かったと思うんだけどなぁ。


それで、一通り終わってからがいわゆる面接。

この審査が「オーディション」と銘打ってあって
志望動機などを聞かれた。


もちろん、興味があって受けたわけだし、
自分がやりたいこと以外は受け入れないというつもりも全然なかったんだけど、
地域情報をレポートするようなお仕事だということが分かり(コミュニティFMなんだから当たり前か)
ニュースや交通情報も読むということに薄々気がつき始める。
(これでいいなら、そういうのが嫌だというわけではないんですけどぉ・・)


それで、出身地域(この放送局の可聴地域)や
このエリアのハワイ系のお店についてなど
世間話を楽しみ・・。



楽しかったし、貴重な体験をしたなぁと、
満足しました。



後日、とても恐縮した電話がかかってきた。
こちらは完全に満足して気分よく完結していた話だったので
「次回のチャンスに頑張ってください」と言われて、
落選したこと←残念なことだったこと、を知る。(←ぜんぜん悲しくない)




もし奇跡的にあのまま通っていたとしても、
午前中は低い声しか出ないし、
ちょっと体調が悪いとすぐオカマ声になるし、
噛み噛みで、クビになっていたに違いない。



世の中やっぱり" 適性"って知らないといけないのかもしれない。
この"気づき"に感謝。
by nanea | 2007-04-29 01:45 | 日記 | Trackback | Comments(2)
オーディション体験記
もう笑い話にしていい時間が経ったと思うので。
(時効)

まだ寒い時期だったかなぁ、
ラジオ(コミュニティFM)のパーソナリティーのオーディションというのを受けました。

何を思ったか。


別に血迷ったわけではないのですが、
もともとラジオは(出演者にくっついて収録に居合わせる機会も多かったので)遠い世界のものではないという感覚で、
ウエディングとかパーティー文化、ギフト文化について、もっとクローズアップされてほしいと思ったり、何か面白いことをやってみたいなと言って歩いていた時期に
たまたま駅で募集のポスターを見掛けて(締めきり前日)
すぐにテープと書類審査に応募したという、例によって瞬発力と行動力を発揮。


暫くして、二次審査の連絡が。



そういえば、ちょうどこの前の記事(日記)にも書いたように
日頃「話すこと」を一つの手段として仕事をしている私ですが、
そもそも話すことはあまり好きではなく(ホントに)
コンディションの悪さはまずノド(と、マブタ)に表れる体質なので
録音される環境で「話す」なんて本当にとんでもないんだけど、

何だか、これを逃したらゼッタイにできない経験だと思って
張り切って審査に臨む。


指定された場所に行くと、いきなり2畳程度のスタジオに通されて、ニュース原稿を渡される。
もう、いわゆる「ニュース原稿」。
都道府県知事選挙
とか
市町村長選挙
とか
人名とか、
きっと本当のそのときのニュースだったんだと思うんだけど、
何だか言いにくい言葉がいっぱい。


「3分練習してください」とガチャンとスタジオに閉じ込められて、
その状況が可笑しくて練習どころじゃない。
ブログ用に写真でも撮りたかったけど、ガラスの向こうで私のことをチェックしているし、まじめに練習。

それで時間になって、ヘッドホンを装着。

いかにもニュースらしいジングルが流れて音量が小さくなったところでキューが出る。


・・・んもぉ、最高に苦手な(笑ってしまう)状況。


これを親しい人に話したら、みんな私がこれが苦手だということは知っていたのがまた面白かった。
キューを出すのは得意だけど(仕事柄)
キューを出されると笑って指示に従えない。



なんとか終えると、次は「フリートークを」と仰る。

3分でトーク内容を考えること
お題は「私の好きな風景」
このコミュニティFMの可聴地域(私の出身地域)の中で、という条件付き。


ただのフリートークはキライじゃないけど、
考える時間が与えられたり
フリートーク自体は2分程度と言われたら
もう逃げ出したいような心境だった。

例によってガラスの向こうには、審査中の目が光り、
時間になってまたヘッドホンから違うジングルが流れる。

そして、キューが来る。

いやーん! なのです。




ま、当然の結果で、そこまでだったんですけどね。

もうちょっと、この話つづけます。

ひとまず1回分アップ。



---
f0025970_2665.jpg


このところ週1以上のペースで南国系のハンバーガーや
サンドウィッチを食べています。
目指せ、南国体型。(ウソ)
by nanea | 2007-04-28 02:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)
風間ポール
「風間トオルのポスター」
の ことを焦って縮めて(「風間ポール」と)言ってしまったというのは、さまぁーずのネタ(実話)ですが、
私も最近、実にこのパターンが多いんです。


とくに今は仕事で毎日本当によく喋っているので、肝心なところで縮めてしまうことがよくあります。


本当の私は、心の中で大爆笑していますが、
サラリと言い直して、続けます。
(「お仕事スイッチ」というのが出来ました。当たり前か?)

そして、スイッチを切ってから、
いつまでもジワジワと笑ってしまいます。


声が裏返ってしまったり、
イントネーションがおかしかったり、
言い間違いをしたり、
・・そういうことにはとても敏感で、
先生がそんなことを言ったらもう何時間でも笑い続けていた学生時代の私が、
私の授業を受けたり、接客を受けていたとしたら、
相当笑っていると思うんだけど。


風間〜を思い出すと、いつも吹き出してしまうので、
元気が出ないときのおまじないの言葉にしています。



題材(懐かしい俳優)がまたシブいでしょ?
by nanea | 2007-04-25 23:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
カンポマルツィオ社製のペン
買っちゃいました。ククク。


先日のBALS TOKYO GINZAのオープニングパーティーの日に"お取り置き"しておいたペンを今日お迎えに行ってきました。

---
BALS TOKYO GINZA opening party関連記事
http://naneab.exblog.jp/5130257/
http://fromtoyono.toyonomoderno.pinoko.jp/?day=20070412
---


ペンというのはイタリアのカンポマルツィオ社(campo marzio design)製のコレ。

f0025970_23515650.jpg

f0025970_2352590.jpg


お世話になっているウエディングプランナーmegさんが持っているのを見せていただいたときにカワイイー!と吠えていたもの(なかなか手に入らない人気の。)に、BALSで出会い、またそこで吠えて、本日に至る。

(お仕事やランチなど、ご一緒する機会が多いmegさんには購入前にマネ宣言でご了承いただきました。有難うございます。megさんはこげ茶。)



BALSに到着してすぐ見つけて、みどりとピンクで悩んで途方に暮れていたところにちょうどお友達のきっちゃんが通りがかって、呼び止めて、店員さんときっちゃんを巻き込んで大騒ぎして、結局ピンクにした。

やっぱりカワイイ。



図らずも同じタイミングでTOYONOさんから"ペンを首から下げられる革製のカワイイケース"(何ていうんだろう、こういう形状のもの)をいただいた。

(TOYONOさんとお揃いというマウスパッドも大お気に入りどえす。はぁと)


ペンを首から2本下げられちゃうぞ。
しかもオッシャレーだ。


うぉー。なんて贅沢な!



目指せ、デキる女!!
(カタチカラハイルタイプ)


f0025970_23541677.jpg

f0025970_23546100.jpg



吠。
by nanea | 2007-04-23 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(6)
毎日楽しみにしているもの
私が毎日楽しみにしているもの(の一つ)は
メールマガジンです。
(出た、オタク)


ニュースやブライダル情報のほかに
求人サイトなどにも登録していて(転職するつもりはありませんが)
動かずしてさまざまな最新情報を得ることができる毎日。

フリーペーパーもテレビも
最近とり始めた新聞も、眺めているだけでもちゃんと面白い情報が得られる。
(得た分の情報を生かせているかというと自信はないけど)


今日仕事の合間の時間調整でのんびり1人でお茶しながらケイタイをいじっていて、思い出したんです。
"毎日楽しみにしていたもの"のこと。


ほぼ日刊イトイ新聞(デリバリー版)」


ほぼ日刊イトイ新聞で登録していたもので、週に2回、月曜日と木曜日に送られてきていたメルマガ。

最後のが"1231号"だった。

私は登録してから1年も経っていなかったけど、毎回期待を裏切られることがなくて、本当に内容のよいものだった。
ネガティブな言葉が使われることもなかったし、情報や笑いだけじゃなくて、脳や心に響く有効な言葉が必ず書かれていた。


ケイタイで受信すると、ウキウキしながら開いたりして、
メルマガの中で誰かも言っていたけど、全国の似た価値観の、会ったことも無いトモダチと繋がっていることが感じられるようで、本当に嬉しくて楽しかった。


繋がっていることを求めていたわけではなくて(寂しいとかではなくて)
「へぇ〜、そっちでもそんな面白いことがあったんだー!」みたいな感じ。
「わかるわかる!」みたいな。


ケイタイで読みながら、
笑って吹き出したこともあるし(電車内)
涙が止まらなくなったこともあるし(電車内)
価値観が変わるようなこともあったし
私にとって本当に影響が大きいものでした。

WEBに掲載されるものでなくて、メールで直接届くものだからだったのかもしれないなァ。


で、なんでコレを思い出したかというと、
ケイタイに保存していたのを見たからで。


1231号まで続いたのに終わってしまったのが
ちょうど私が大変だったときで
メールもろくに開封していなくて、そのうちちゃんと読もうと"保護"して専用フォルダを作って"振り分け登録"しておいた。

しかも、機種変更をしてからたった3通。

終わることが知らされた次のメールが最終刊。


だから余計に、読むのがもったいないような気がして封印していたのを
1ヶ月以上ぶりに今日読んだのです。

楽しみにしていた気持ちが一瞬でよみがえってきて、帰ってきてからPCに残っている過去の分をまた読み返したりしました。


ちょっと違うけど、「ほぼ日」サイトの中では「ほぼ日小ネタ劇場」がそれに近いかな。
プラス、そのメルマガ編集者(「お相手は、ほぼ日スタッフの〜」と書いてある)
の優しい風景描写やひとこと感想がとても好きだった。


いろいろな情報やブログ、メールがあるから寂しくないけど、
ちょっと不思議な存在感だった「ほぼ日デリバリー版」の代わりになるものはこれからも無いかもしれないなと思います。


読んでた方、思い出話 しましょ。


---
>ハワイに行く皆さんへ

私がおすすめしているお店はココです。(ワイキキ)
外観↓ 
f0025970_23455951.jpg

f0025970_2346990.jpg

by nanea | 2007-04-22 23:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
最先端技術ライフ
最近、時代の変化を感じることが多いです。

新種の若者とか便利なワンセグとか。

でも今日は特筆すべき最新技術に2つも触れたので、日記に残しておくことにします。


1つはsuikaでグリーン車に乗れるシステム。

f0025970_0421851.jpg


最新と書いたものの、ネットで検索したらもう2年前から使っているものらしい。

よく利用している「湘南新宿ライン」ですが、今日その"グリーン車"に初めて乗りました。
茅ヶ崎〜池袋という、私にとっては珍しくないコースなんだけど、今日はゆっくり座って移動したかったので、グリーン車の2Fに乗車。

グリーン券ってどうやって買うのかなと思っていたら。

すごぉーーい!

グリーン車suikaシステム
http://www.jreast.co.jp/suica/etc/green/index.html



初めて2F(の車両)から見る景色は、
それまでの印象とは全然違っていて、楽しかった!

きっと視野(高さ)は1メートルも違わないと思うんだけど、
知らなかった建物とか知らなかった道とか
知らなかった景色が、そこにはたくさんありました。

ずっとそこにあったのに、見えてなかっただけなんですけどね。

(深いな。)


ステキな景色や車内の写真を撮ろうと思ったのに、途中から爆睡してしまって、もったいなかった。




そして、もう1つは近所のクリーニング店。

1,2ヶ月前くらいだったか、改装していて
その後「24時間」という看板が掲げられた。


近いと言っても、ウチからはちょっと不便なところにあるので営業時間内に間に合わずになかなか出せずにいたスーツ。
当日とか翌日仕上がりなので、もともと便利なんだけど、
預けるのも引き渡しも24時間対応可能というから、これからますます便利。


それで、今日「自動お渡し」に初トライ。

f0025970_0473399.jpg

f0025970_0472295.jpg



こんな時代になったんだなぁー。


今日は来月から始まるブライダルのクラスの入学生たちに
プレ授業というのをしてきたのですが、
今日のテーマは「時代」だったので(私が勝手に決めて勝手に話しただけ)
なんだか一層感慨深く。


そういう世の中にしたのは、好きに働く私たちのせいかもしれないけど、
需要と供給がしっかりと並んで走っているんだなぁーって、休まず1人で働く自動お渡し機の前で小さく唸ってしまいました。


う〜ん。(ガンバレ)
by nanea | 2007-04-22 00:52 | 日記 | Trackback | Comments(2)
ナナエのニコニコ日記
私の名前は「奈奈」です。

奈々ではなく、奈奈。

めんどっちぃ名前です。

なので、自分で書くときにはナナ。

郵便や証明書はたいてい「奈々」で来るので、自分としてはOKで、
都合の悪いアンケートなんかではいろんな漢字を使い分けたりしています。


もうずっと「ななちゃん」の人生。


電話で苗字で名乗っても相手が「?」だったりするので、社会に出てからはとくに(フツウ逆?)
名前(ファミリーネームではなく)で生きています。


わりと珍しいので、「奈奈さん」を見つけると、メールしてしまったりする。
「私も奈奈です」って。
(「々」って何て表現してますか、とか。)


もう最近はそういうのは止めましたが、
名前のおかげで、ちょっと面白い人生になっているような気がします。


先月の確定申告のときにも、税務署で相談に乗ってもらったオバサンに
「あら、ナナって "奈" "奈"って書くのね」
と言われました。
「そうなんです、これ(々)じゃなくて」
というところまでは(私にとっては)いつものことだったのですが・・


「ねぇねぇ、このお嬢さん "奈" "奈"って書くんですってー」
とオバサンがオバサンを呼び、あっという間に青ジャンパーのオバサンたちに取り囲まれてしまいました。
「あらー、珍しいわね」
「"々"じゃないの?」
「あら、爪までキレイな色にしてー」
と口々に。(おそるべし)

挙げ句、その最初のオバサンのお孫さんが「ミミナちゃん」といって
「美々奈」と書くことを教えてもらいました。

「あらー、失敗したわ。"美美奈"にすれば良かったわねー」
って。(オイオイ)




苗字がまた間違えられやすいから(岡田さんとか岡本さんとか岡林さんとか中村さんとか)
何だか自分の名前がこんなんでスミマセン、と恐縮してしまう。




坂口憲二のコーヒーのCMでこんなのがあって(LOVE坂口憲二)
放送されるたび、何だか、何とも複雑な気持ちでテレビに向かって苦笑いしてしまう。
"ROOTS AROMA BLACK"
http://www.jt-roots.com/




だから、何となく私を呼んでいるっぽい声には返事をするようにしているので
自意識過剰と思われることも多いのです。


トクしてる分、余計な苦労をしているような気もするので、
屋号は単純なものをと思っていたのに、
意外と「ナネア」もややこしいということが判明してきています。

nanea
ナナのナネア。
・・ナナエ?

メールのアカウントにeが入っちゃってるとご指摘いただいたこともあります。
たしかに。
むしろややこしい。



そして、このコニコニ日記。

「ニコニコ日記、読んでますよ」
とお声掛けいただくことも多く。


いいんですけど。本当に。
嬉しいんですけど、本当に、心から。


なんですけど、ただ、本当は「コニコニ」(konikoni)なんです。


konikoniとはハワイ語で「ドキドキする」とか「(英語だと)passion」と訳されているのを見て、名前を付けたのですが。


惜しい!
じゃ、失礼ですものね。

どっちでもいいんですけどね。


資格の免状でも「奈々」となってるものもあって、
そのままにしてるものもあるんですよね。
それはさすがにダメかなぁ。


でも、ほんと、どっちでもいいんですけどね。

かえってあれしちゃって、すみません。



キリゾーとモッコリっていうのもありましたよね。
f0025970_1121999.jpg

by nanea | 2007-04-21 01:23 | 日記 | Trackback | Comments(2)
祝(生還)リモコン
リモコンが見つかりました。(おかえり。)

ゼッタイここ見たはずなのに!!

誰かがそっと返しに来たに違いない。



お騒がせしました・・。

お騒がせ報告 >>
http://naneab.exblog.jp/m2007-04-01#5152997


f0025970_119160.jpg
(「椿山荘」のティーラウンジの "あまおうのタルト"&桜のマドレーヌ)
by nanea | 2007-04-20 01:21 | 日記 | Trackback | Comments(8)
新聞にママ
取り寄せていた新聞が届きました。

Mくんが教えてくれた記事でNK社のバックナンバー。
掲載された日にちを調べて、取り寄せて、今日届きました。
(Mくん、アリガトウー!)


私のママが載っています。
もう泣いちゃう!(嬉)


ママというのは(本当のママではなく)大人になってから出会ったママ。
ブライダル業界の私の先生です。


このブログにも何度か登場しているし、
私のお客さんやブライダルの講座でも私がブライダルについて話すとき、必ず話題に出てくる人。

ママが私にしてくれたことを
私のクラスから就職していくプランナーに対してもするようにしているし、
もし私の遺伝子や仕事に対するスピリットがどこかに届くことがあれば、それはママの遺伝子だと思ってもらえたらいいなと思う。
ママがいなかったら、今の私はいないもん。
ゼッタイ。ゼッタイのゼッタイ。


新聞には、ブライダル業界で働く「トップセールスマン」として取り上げられている。


新聞に載るなんてスゴイのに、きっと発売日に会ったとしても教えてくれなかったんじゃないかと思う。



記事にも書いてあるけど、ママはあまりブライダルの情報を教えてくれない。
お客さんにも新人だった私たちにも。

でも、一緒にいると楽しい。
毎日「明日も会いたい」と思うし、
ずっと娘だって言ってほしいと、思うと涙が出てくるくらい大好きな人。


前回会ったのはもう半年前のことで、そのときだって、何ヶ月ぶりかだったんだけど、ママは会うなりこう話し始めたの。

「昨日来たお客さんが"ななちゃん"っていう子だったから、うちの娘も奈奈といいます、私に似てドジなんです、って言ったのよ。そしたらお客さん笑ってたわよ。」
って。

これがトップセールスマンなんです。



田村正和が好きな、本当に普通のドジなお母さんなんだけど。

みんなにママと呼ばれているけど「奈奈は手がかかったから特別」と言ってくれたから、
今日も明日もずっと、私はママの笑い話を(心からの尊敬を込めて)しながら、
遥かなる目標を胸に大切にして、頑張っていきたいと思っています。


f0025970_0592927.jpg


ママが教えてくれたこと、私も、本当はあんまりヒトに教えたくないので、まだ色々隠してます。ウヒ。
by nanea | 2007-04-19 00:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)