ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
CAFE A DEUX(今日のキッシュ)
f0025970_2219309.jpg

今日はミニミニ相談会で、
用賀の「CAFE A DEUX」の1テーブルお借りしました。


夕方にはオトモダチがお子さんと一緒に来てくださり、
おいしいキッシュと犬の描かれたカフェモカをいただきました。

今日のキッシュは、サツマイモとマイタケ。
サツマイモっておいしい!
キッシュっておいしい!


んでも、エクレアやゼリーもおいしそうでした。(じゅる)


話している途中、外はすごい雨が降っていたけど、
帰る頃にはまたすっかり止んで、
雨上がり、夏の終わりの夕方っぽくてちょっと気持ちよかったので、246を二子玉川まで歩いてみました。



用賀駅から徒歩3分くらい。
道順の写真を撮りながら歩いたけど、信号待ちも合わせて3分で着いたので、
まっすぐ歩けばもっと近いかもしれない。


また「次回」を企画したいと思います。

f0025970_22192032.jpg

by nanea | 2008-08-30 22:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)
落ち込み方、悩み方
考えごとをしていたら、
また朝になってしまいました。

書かないと着地できなさそうなので、
早朝(深々夜)から長文日記。


ウエディングプランナーという職業に(+独立プランナーという働き方に)
興味がある方々とお話しする機会があり、
そこであれこれと仕事のことや仕事に対する考え方などをお話ししているとき、

「落ち込んだときには、どうやって立ち直っていますか」

と聞かれました。


そこで答えたことが、
自分の本当の答えなのか、
そこでそうやって答えてよかったのか、

と、そんなことをぐるぐると。



みんなはどうしているのかなぁ・・。



私はすごくポジティブに見えるようなので、
悩み方も、立ち直り方も、ポジティブに見えるようだけど、
ポジティブの反対の反対のポジティブなので、
ストレートなポジティブではないんだけど、
それでも結果ポジティブならポジティブなのかもしれない。
(↑めんどい?? 頑張って読んで!)



今回もそうやって答えたんだけど、

「なんでうまくいかなかったのか」「何に落ち込んでいるのか」
「何が悲しいのか」「どういう結果を望んでいたのか」
「どうだったら良かったのか」「どうしたら良くなるのか」

徹底的に悩み、苦しむ。
そこで出た改善策をやってみる。

それに尽きると思う。


私が何か始めるときは、
いつもとても苦しんだとき(後)で、
それは「見返してやる」というようなところまで立ち直っている状況ではなくて、
そうでもしなければいても立ってもいられないくらい苦しいというだけで、
立ち直っちゃっているわけではなく。

たぶん、
初めて悩んだ日から、今日まで、もしかしたら1度も立ち直っていないんだと思う。


だから、本当は「立ち直り方」は分からないんですけど。




あたかも「克服してます」「悩みなんてありません」っぽいコト言っちゃったから、
それはそれでいいんだけど。
(結果同じだと思うし。)
(少なくても、求められていた答えではあったかもしれないし。)


先に始めた人がエライわけでもないし、
悩まずやっている人が優れているわけでもないし、

いや、きっと、そんなことはみんなもう知っているんだろうな。


だから、これは、その、
自分のために書いてます。



活力の1つとして、
自分の面倒は自分でみれないと、
まわりの人と関わることなんてできない、っていう覚悟は強いかもしれない。

まだまわりにいっぱい迷惑をかけているけど、
気持ちだけは「自分で」って。



岡本太郎の「強烈に生きる」とか
松下幸之助の「真剣勝負」とか、
読んでないけど、さっき「悩む力」の著者・姜尚中さんがテレビで言っていたこととかも、
天才や著名人のコトバだってヒントや希望にかえちゃったりしちゃったって、
よく分からない占いを信じちゃったりなんかしちゃったりしても、
自分の人生は自分が主役なわけだから、
こうやってそんな恥ずかしいことをブログとかでわざわざ公開しなければ恥ずかしくもないわけで、
(書いちゃったけど。はずい)

また、他人の人生は他人が主人公なわけだから、
それは別の物語だと思わないといけないなぁとか思います。



私の物語も、他人の物語もきっと
「 Life is Sweet 」
で、たくさんの人と出会うチャンスのある仕事に就けた私の物語は自分なりにこの色合いを気に入っています。

まだ見ぬ未来のページも、
決めつけないけど、
こうだったらいいなぁと描いているから、
ページをめくっていくのが楽しみだし、
今ここのページがどんなふうであるかで、このつづきが変わるかもしれないと思うと、
やっぱり今日も頑張らなくちゃと思います。


そんなふうです。


いつかこれを読み返す、弱った未来のワタシへ
「頑張れ!」


f0025970_742839.jpg



マーだらけ。(幸)
by nanea | 2008-08-30 07:04 | 思うこと | Trackback | Comments(4)
IWPA認定ウエディングコンサルタントに
f0025970_3532041.jpg

今日はIWPA Japanの「ウェディングプランナーの集い」に参加しました。


3月に講習を受け、4月に受験した資格の認定書を
「表彰式」みたいな感じで受け取って、
嬉しかったです。

日本のはともかく、
英国のウエディングに関する問題は、
その講習で学んだだけで、
たぶんギリギリだったに違いないのですが、
合格、取得することができました。


これで、
IWPA(国際ウェディングプランナー協会)
英国国家認定公的資格と、
日本資格の両方とで、
IWPA認定ウエディングコンサルタント
となりました。


イギリスではウエディングも「公的」な資格が存在していて、
これを日本のブライダルの問題と合わせて、日本語で受験するチャンスがあって
とてもラッキーでした。


海外のウエディングをテキストを使って学ぶことができるのも
貴重な経験でしたし、
そのあとにちょうど、イギリスで結婚式をしたという人とお話しする機会があったり、
「勉強してよかったなぁ」と実感する場面がすでにもう何回もありました。


勉強したんだから、もっと理解しておきたかったと、
と帰ってからテキストを見直した日のほうが多かったかな。


資格に見合った頭の中身にはまだ追いついていないけど、
これからその名に恥じないようにがんばります。



いただいた認定書と一緒に入っていたお手紙に、
こんな言葉がありました。


be flexible, be honest, be hard-working, be thoughful,
be committed, be inspired, be yourself.
Above all, be a Good Wedding Planner.



職業として、
(一専門職として)
認められている感じがして、
緊張と嬉しさと改めて感じているところです。


f0025970_3534193.jpg



●関連日記(英国国家認定Wプランナー)
http://naneab.exblog.jp/8107917
by nanea | 2008-08-30 04:00 | ウエディング | Trackback | Comments(0)
新ネイル(アンパンマン)
f0025970_2191864.jpg


大お気に入りだった花火ネイルもそろそろ寿命だったので、
ニューバージョンにしてもらいました。

来週から学校も続々と始まるので、
学生と約束していた「アンパンマン」にしました。

前にニコちゃんだったときに、
「センセー、アンパンマンにしてよー」
と言われただけだけど。



あやしいアンパンマン。

「アンパン」って書いてある。


「・・・モノマネのとき、名乗っちゃいけないアレと同じですよね」
って、ネイリストのあこさんも私も笑いが止まらない。


でも、アンパンのあやしさと、それ以外の茶系のラメグラデーション(秋・オトナ)とのコントラストがたまらなくカワイイんです。




本物のアンパンマンはコチラ>>>
http://www.ntv.co.jp/anpanman/



花火ネイル
(あこさん作/ナナ手/シンガポール旅行中に撮った写真です)
f0025970_2321752.jpg

f0025970_2331964.jpg

by nanea | 2008-08-30 02:33 | ネイル | Trackback | Comments(1)
しろいうさぎとくろいうさぎ
f0025970_303273.jpg

原題は「The Rabbits' Wedding」。
「しろいうさぎとくろいうさぎ」(文・絵 ガース・ウィリアムズ)
という絵本について。



7月のフェア(「マルシェduリングピロウ」)のときに、
差し入れ(?)で、手作りのプレゼントと一緒に
ウエディングプランナーの瀧澤愛さんがプレゼントしてくださったものです。
(1番下の写真/LIBERTY FABRICで作ってくださったコースターや
ティッシュケースも!)



私はこの本を知らなかったので
(たぶん、子供のころに読んでるんだと思うんだけど・・)
夢中になって読みました。


8月に入ってから、日本語のほうも買って、
家でときどき「音読」しています。

途中で泣いて読めなくなるっていう繰り返しまでが日々の趣味。


理想的なウエディングストーリー。


ウサギ好き、
ウエディング好き、
カンペキです。

f0025970_31927.jpg



---
レビュー(mixiと同じ)

短くてシンプルな言葉と、 「説明」ではない絵の世界から じんわりと伝わってくる幸せな日常。

"Forever & Always"
っていう約束は 究極 だなぁって思います。

明日も明後日も、10年後も50年後も、
今日みたいだったらいいなぁと願う幸せの感覚は、
時代や国に関係ないんだなぁって思いました。

白ウサギが4回目までソレ以上聞かないところも好きです。

by nanea | 2008-08-29 02:59 | ウエディング | Trackback | Comments(0)
ささきさんの正体
私の自宅の電話はほぼプライベート用で、
予想されるタイミング以外にはあまり鳴ることがないのですが、
ときどき残っている着信や
ときどき出てしまう電話はたいてい
「ササキさん」宛てです。

この番号を取得してから4年と数ヶ月。
未だに(今日も)ササキさん宛ての電話が鳴ります。

相手は私をササキさんちの誰かだと思って話し続けるので、
なんとなくササキさんの家族構成が見えてきます。


沖縄に親戚がいること、
ササキさんの奥さんにはお姉さんがいること、
そろそろ高校生になるお子さんがいること、
ときどき通販を利用していたこと、
など。


最近のセールスの電話は、自分も名乗らず、相手の名前も言わない。

「どちらにお掛けですか?」
と聞いても、かぶせるように話し続けたりする。

1回だけアベさん宛の電話があったけど、
あれはたぶんただの間違いだろう。


昔、テレアポのバイトを数日間やったことがあるので、
なんとなく仕組みは分かるんだけど。

そういえばあの頃は営業職を仕事と認めていなかったし、
まさか将来自分が営業職に就くなんて夢にも思っていなかったから、
電話セールスってなんてくだらないんだろうと社長と大ゲンカして辞めたんだっけ。
いい経験したな。



そういえば、その頃、
機種変更のたびにケイタイ番号をかえていて、
前に使っていた番号にワタシ宛ての留守電を入れた人がいることを人づてに知って、
その番号に「なんて留守電が入ってましたか?」と電話をしたことがある。

電話番号をかえてから2週間くらいかな。
すでにほかの人(声から察するに、同世代くらいの女の子)が使っていて、
1週間前くらいに入っていた留守電の内容を断片的に教えてくれた。

聞くところまでしか想定しないで勢いで掛けたから、
メッセージを聞いた後に何て言って切ろうか瞬間的にものすごく悩んだ記憶がある。
「そうですか、覚えていてくださって、ありがとうございました」
だったかな。


以来、今日までケイタイの番号もかえてないけど、
10年くらい経った今でもあれはスゴイことだなーと思う。

いい経験です。



ともかく、ササキさんはもうここにはいないんだけど。
(=この番号は現在使われていません)


謎のササキさん。

1度話してみたいものです。



---
この画面見て、「シンガポール」と反応してしまった。
重症ですか。

f0025970_257428.jpg

by nanea | 2008-08-26 02:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
自由が丘ウエディング
今日は「自由が丘ウエディング」の初打合せで
主催者で拠点の美容室「HANA」に行きました。


週1,2回のペースで通うほど自由が丘の街が好きで、
でも、ほとんどプライベートでの話だから、
「自由が丘ウエディング」のプロジェクトのお話をいただいたときは
「んもぉ、またまたぁ〜」
と。


「自由が丘ウエディング」ってどうかな、と(←ただの思いつき)
私がかつて相談した人たちが聞いたら、ウソー!って言うと思う。



自由が丘ファンのための、新プロジェクト。
Made in 自由が丘、って感じかなぁ。
アンド、 at 自由が丘。



10月頃のスタートを目標に、
小さく始動します。



f0025970_2251087.jpg


写真は、「HANA」で
撮り忘れちゃったので、
代わりに、シンガポールのリッツカールトンのロビーのお花。

アンスリウムとアジサイという、私の最強の組み合わせ。
最強だけど、たぶんすごい難しいコラボ。
すごいなー。

リッツカールトンホテルの装花はシンビジウムのアレンジとかも本当に全部ステキでした。
by nanea | 2008-08-25 22:52 | ウエディング | Trackback | Comments(0)
IKEA(引越祝い)
f0025970_2342529.jpg


私が最もお世話になっているオトモダチ(会社)の事務所移転のお祝いとして、IKEAに行きました。

「お祝い」と言っても、ごく短距離の運転手をしただけですが。。




オフィスの間取りについて話し合う2人をかっこいいなぁーと眺めながら、

自分が事務所をもつ妄想に酔ったり、
見知らぬ子供に笑わされたり、
ほかの事務所計画の人たちの会話に耳をすませたり(「社長室」っていうメモを持って歩いてる人もいた←人は見かけによらない)

今までIKEAに来たときと違う楽しみが満載でした。



自分のものとなるとサイズとか全然見ないで買っちゃうから、
私がいつか事務所をもつときには2人に一緒に考えてもらいたい。です。祈




写真は、
・レストランで食べたスウェーデン料理
・未来のnaneaオフィス(←謎)の机の候補&座り心地のよいポップなピンクのイス
・閉店頃のがらんとした駐車場(←すごい好き)



スウェーデンにお引越ししたばかりのお客様(先月パーティーを担当した)に報告しなくては!


f0025970_23441882.jpg

f0025970_234254.jpg

f0025970_2342586.jpg

f0025970_2342520.jpg

by nanea | 2008-08-22 23:42 | Trackback | Comments(4)
キャンドル専門店 Zakka Bakka
f0025970_12535033.jpg

昨日おじゃました「Zakka Bakka」について、
改めてご紹介したいと思います。



Zakka Bakka」は、オーガニックキャンドルの専門店です。

扱っているオーガニックキャンドルは、100%マレーシア産のパーム(植物)油で作られたキャンドルで、すべての商品が直輸入だそうです。


もともとインターネットで知ってブックマークしていましたが、
新しいプランを考えているときに、「Zakka Bakka」と一緒にやってみたい!って思って連絡をしました。


WEBサイトでの説明やQ&Aがとても分かりやすくて、
キャンドルへのコダワリや愛がびしびし伝わってきたので、
お会いする前から確信があったからです。
(とは言え、私や私のプランを受け入れて頂けるかは不安でしたが)



Zakka Bakka」のオーガニックキャンドルは、色やマーブル具合がとてもキレイで選ぶことが楽しいし、
火をつけて溶けていく過程がとても美しいしオモシロイ。


店長のこだまさんとキャンドルやエコについて色々とお話ししながら、
すごく共感することが多くて、
たのしいプランを一緒に作っていける!ってワクワクしました。




私自身もそうですが、
キャンドルを楽しむような時間的な(&スペース的な)余裕はないので、
なんとなくオシャレなモノ(=ファッション的なもの/生活感のないもの)
という印象があったりしますが、


私はお客様からいただいたお気に入りのキャンドルホルダーをきっかけに、
キャンドルに火をつけることが
日常の中に違和感のないことになりました。


ファッション的なものであっても、
スピリチュアルなものであっても、
電気の代わりであっても(経済的な?)
理由は何でもいいけど、
何かキッカケがあった人は、
キャンドルのある生活っていうのもけっこう楽しいもんですよ、ってお薦めしたいです。


見ているだけで楽しいし、
火を消したあともキレイだし、
どう燃えて(溶けて)いくか分からないところが
なんとなく自然のものと向き合っている気がして、
それもちょっとだけ嬉しい気分になります。


「色」が好きな人にとくにお薦めです。


f0025970_1254076.jpg


f0025970_12541190.jpg

by nanea | 2008-08-22 13:01 | オトモダチ | Trackback | Comments(0)
赤坂氷川神社
f0025970_17214084.jpg

f0025970_17214071.jpg

f0025970_17214034.jpg

夏の(時間がある)うちに、
「結婚式」(=挙式)の知識を深めておきたくて、
まずは1番興味があった「赤坂氷川神社」に神前結婚式のお話を伺いに行ってきました。



神前式に関する疑問質問を書き出して行きましたが、
お話を伺ううちに、
結婚式についてだけでは留まらず(当然ながら)
「神様」や「神話」にまつわることなど、
私自身の「カミサマ観」にも合点がいって、
とても安心するような、またお参りして、清々しい気持ちになりました。


海外旅行のあとだから、余計にそうなのかも。




いろんなところに「氷川神社」がある理由とか、
滝にうたれるアレとか、
お賽銭箱の頭上の鈴のこととか、

私が、郵便を出すときにポストを拝む謎の行動とか・・・。



お話は端から端まで、もう、楽しくて楽しくて。


知るって楽しい。



信仰や歴史のこと、
もっと知りたいと思います。
by nanea | 2008-08-21 17:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)