ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧
2008年まとめ(予感)
2008年も残り24時間を切って
尊敬する大好きな人から嬉しいメールをいただきました。
(ラブ的なのではないです。当たり前か)

その内容に「予感」という言葉があって、
すごくいいコトバだなぁーと思って
早速使ってみました。




今年のうちにどうしても「まとめ」て おきたかったこと。

それは公言していた目標についてです。


いつからか(ごく近年)私は目標や希望を声に出して言うようになりました。

叶う自信や根拠はなくても、言ってみる。

とってもこわくて恥ずかしいことです。


でも、恥ずかしがってるのが恥ずかしいというような、
なんていうか、はじめはたぶん、
「言っちゃうキャラ」みたいな自己演出だったような気もするんだけど

言うことでしか得られない「感触」のほうが
恥ずかしさ、かっこ悪さ、を上回るようになりました。


今年は何の根拠もなく、ですが

「雑誌に載る!」

とか言ってました。
(載るぞー!オー!とか言ってました)


そんな方法も知らなかったけど、
年始から予定が詰まっていたから、今年はいっぱい働いて、
そこで得たお金で「広告」でも出してみようかとか思っていました。


そんなことも忘れてしまうくらい忙しかった3月後半に
anan」の取材依頼が。
取材日が決まってからその日を迎えるまでの間に「L25」の取材依頼と取材が
続けて入りました。


その後のことはサイトの「メディア情報」のとおり。



言ったから叶ったわけではなく、

私に限ってはそんな強いビジョンがあったわけでもないけど、


「こうなりたい」というビジョンをもっていれば、自然と明確な意志が伝わり、その道筋がたっていくっていうのは本当に有るのかもしれないと思います。


私はそこまであったわけではないので、
本当に神様のおかげというか、
運の良さというか、

今までポイ捨てしなかったり、電車でお年寄りに席を譲ったり、コピー機に残っていたおつりは必ず申告したり、そうやって積み重ねてきたポイントを全部まとめて消化しちゃったのだと思っていますけど。



講師として「授業」をするのと
「取材」も同じで

私の話を聞く

というための時間を他人にもってもらうというのは
モチベーションともなるし、プレッシャーでもあります。

知りたい情報を与えることができるか、
適度に「なるほど」とか「意外」とかを散りばめていきたいし、
トータルして「面白かった」というような印象や満足感をもってもらいたいとか思っちゃうと大袈裟な言い回しになってしまったり、欲が出ると今度は事実を伝えるのが難しくなってしまったりすることもある。

だけど、聞くほうもプロ中のプロだから、
そのあたりの不安っていうのはくだらないものだったと思いました。


また、実際にそうやって
これまでに、所属した会場から広告費を払って、広告主として話を聞いてもらったときと違って

個人として取材を受けたことで、
取材側と私とが
掲載までのスケジュールにおいて一瞬でもパートナーとなって
他業種の仕事に触れたり、
色々な角度から私を、私の職業を見てもらって、
またそれを外の世界に伝えてもらうという貴重な体験をすることができました。


それぞれの取材の場が本当に楽しかったし、
優秀な人と出会って、
「勉強になった」なんて言うと安直な表現だけど、
本当に勉強になったなぁ、って思うことがとっても多かったのです。




来年やりたいことも既にばんばん公言しているけど
今年のようにうまくいかないことは分かってます。

そんなにうまくいったら貯めてきた良い人ポイントが足りなくなって
その分とんでもなく大きなダメージがありそうでこわい。
厄年だし。



でも、これからも
「恥ずかしいことをばんばん言えちゃう人」になりたいです。


「ありがとう」とか
「好き」とか
「信じる」とか。

(ラブ的な意味ではなくて。当たり前か)


だって、ブライダルの仕事なんて、
そういうスタンスでなければ、本当の満足感や「気づき」が得られないと思うし。


もう、ばんばん言っちゃいます。





1年前の今日、想像できなかった私が今こうやっているように、
今日想像できない1年後の自分にもちゃんと笑っていてほしいなぁーと思います。


自分が笑っていなかったら、
まわりが笑っていることを望む資格がないと思うし、
笑っている人たちと一緒にいることを望むこともできないと思うし、
まわりが笑っているから自分も笑える、なんていう生き方ではないので。


できればそうやって、いつまでもまわりの人たちの幸せな予感の中に存在していたいです。


f0025970_745156.jpg


フリーになって1番最初に撮ったプロフィール写真。
5月のほうのL25で切り取られてたのもこの写真です。
撮影日はちょうど桜満開の快晴。
hiromi kanematsuさんに撮っていただきました。


年明けてからも2誌掲載予定があります。
by nanea | 2008-12-31 07:05 | 日記 | Trackback | Comments(2)
2008年まとめ(フェア)
f0025970_314051.jpg

f0025970_314195.jpg

naneaの2008年最大のトピックは
やっぱり「naneaブライダルフェア マルシェduリングピロウ」。


もう半年も前のことで、
すんごく昔のことのような、
でも、あっという間のような。

レポートもアップしないまま、年を越してしまいます。爆



naneaを始めたのが5年前の年始で、その年の終わりと翌年の初めとで2回イベントを行いました。
ほかにも座談会や勉強会など、はじめの頃には積極的に企画、開催しましたが、
そこからだいぶあいて
「naneaブライダルフェア Life is Sweet展
を昨年の12月に行いました。

---
詳細:
2007年12月16,17日
自由が丘 gallery size
naneaブライダルフェア Life is Sweet展

---

その続編として行ったのが、この夏の
「naneaブライダルフェア マルシェduリングピロウ」でした。


自分としては、それまでの経験で得たことを生かしたかったし、
それまでよりもチャレンジの要素をたくさん取り入れたイベントとなりました。

終わってみれば、やっぱりたくさんの課題を生んでしまった結果となったけど、
たくさんのお客様にご来場いただき、
業界内外のたくさんの方に協力していただいた
ある意味naneaの今の立ち位置を決定づけた、価値のある経験となりました。

J-WAVEの番組で取り上げていただいたり
このイベントがきっかけで私のことを知ってくださる方が増えたのも
想定していなかった嬉しい「産物」でした。



フリーのウエディングプランナーが「ブライダルフェア」を開催するなんていうのは本当にチャレンジで、
とくに今回はハードスケジュールの中で並行して行なったので
本当に大変でした。


いろいろなご意見ご感想をいただきましたが、
実は私はとっても満足していて、
満足していない部分に関しては自分の力がそこまでだったと分かったという意味で満足しているので、
犠牲にしたこともあったと思うし、
もっとこうすればよかったと考えたらキリがないんだけど、
それでも、
この時期、この環境で「やってよかった」と
ひたすらそう思っています。

ガンコじゃなかったら、あんなに大変なことはできないと思うから、
ガンコもまたよし、です。



私には足りないものが多すぎるので、
みんなと同じことを同じようにやってたらダメなんです。

だから、
みんなより頑張るか、
みんなと違うことをするしかない。

ブライダルフェアを開催した勇気はそこから生まれたものにほかなりません。

でも、私にしかできないことがあるとも思っています。



ギャラリーでのシリーズは、もう少し充電して
しっかりイイものが出来るまで成長しておきたいと思います。

だからと言って、このまま何もしないのもnaneaらしくないので
2009年はWEBやイベントなど今までとは違ったかたちでのキャンペーンを計画しています。

そのほかに、やってみたいイベントも少しずつイメージがかたまってきているので、このまま実現していけたらいいなーと思っています。



珍しいことに取り組んでいるとか、
それに自分なりにたくさんのことを注ぎ込んでいるという意味では
すごいことだと思うけど、

べつにそれが「偉い」わけでは全然ないので、
(言うまでもなく。)

このフェアに参加、協力してくださった方たちには
特別な感謝と、特別なつながりを感じる思いを抱いています。

誰が欠けても「あの温かさ」「この満足感」にはならなかったと思うから
この「産物」を私は「ギフト」として受けとっています。




>ミワコさん
メールありがとうございました。
私もミワコさんとの出会いはギフトと思ってます。変わらないです。
ミワコさんのリングピローが世界一カワイイと思ってます!
それも全く揺らぎません。
(また公開ラブレターですね。笑)


---
2008年6月29日,7月11,12日
自由が丘 gallery size
naneaブライダルフェア マルシェduリングピロウ

【naneaブライダルフェア マルシェduリングピロウ】の関連日記
http://naneab.exblog.jp/i14/


f0025970_313352.jpg

f0025970_3134326.jpg

f0025970_3135239.jpg

f0025970_314983.jpg

f0025970_3143095.jpg

by nanea | 2008-12-31 03:41 | マルシェduリングピロウ | Trackback | Comments(0)
2008年まとめ
f0025970_0185335.jpg

今年は振り返ることが多すぎて、
振り返ることに焦っていますが(全く無意味)

2008年の岡村奈奈は「のだめカンタービレ」なしに語ることはできません。


年始の再放送でハマって、
4日5日のスペシャルで撃沈。

DVDボックスも買って、
グッズもたくさんいただいて。

スペシャルだけでも100回くらい観たと思う。


うん。
これは大げさな数ではないな。
(価値の伝わりにくい自慢)


今日も再放送されてましたね。


今月になって「2010年映画化決定」が発表されて、
今年は本当に「のだめ」にたくさんの喜びをもらいました。

むきゅ。



のだめにハマっていくのと並行して、
年始は4日から始動したお仕事で逗子葉山に通いました。

ガソリン高騰やゲリラ豪雨の影響を受けながらのクルマ通勤。


借りものの車がGoogleMap(ストリートビュー)に写っていて、
自分的には相当おもしろいのですが、

無事に任務を終え、
ハード過ぎた逗子通いが終わりました。

すでに懐かしささえ感じる思い出。
軌道にのって順調に動いているとのこと、
嬉しい限りです。



並行して、スクールとトータルプロデュースと
ブライダルフェアの企画・宣伝および実施と、
夏までは本当にハードでした。


4月に無理やり自宅作業にあてた2日間を除いて(結局のんびりしてしまったから)
夏までお休みなく頑張って、
夏休みの旅行ではゆっくりたっぷり遊んできました。
(マーライオンlove)



後半のトピックは講師業のスランプと、
初めて参加したフラの発表会くらいかなぁ。


ブライダルフェアの結果が出て、
動かずして動いた後半でもありました。



秋から年末にかけて大きな決断のタイミングが続いて、
夏休み前に道で話しかけられた2人の占い師の顔が時々浮かびました。


占い師たちが「(私から聞いてないのに)節目の時期」とわざわざ教えてくれたほどの時期になったのか、
これらが今思っているほど「大きな」決断だったかどうかは分からないけど、

そういった揺らぎを
それなりに楽しんだ時期であったことには違いないから、
未来につながる大事な時期だったのだと信じます。



naneaブライダルフェアのこと、
2008年のミラクルについて、
今年中にまとめなくては。




●上の写真は2年半前の日記から
のちにこのショット、「のだめ」とリンクします
(クリーンと思われていた頃のヌッツォ)
http://naneab.exblog.jp/2739923
by nanea | 2008-12-31 00:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)
サンセット
f0025970_1584185.jpg

国道沿いのレストランから眺める冬のサンセット。


沈む瞬間すごく速くて、
太陽が黄身のようにひゅんと吸い込まれていくのを見て、

「沈む」のではなくて、
地球が回っているのだと急に実感してしまいました。



山とか海とかではなく、
全く偶然に見てしまったから余計に、

そのサンセットのあとは、ずーっと、
そんなことばっかり考えさせられてしまいました。



富士山もきれいに見えました。
連写しすぎてコーヒーはすっかり冷めてました。

f0025970_1575914.jpg

f0025970_157593.jpg

f0025970_1575965.jpg

f0025970_1575918.jpg

f0025970_1575936.jpg

f0025970_158597.jpg

by nanea | 2008-12-30 01:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
興味の湧泉
年末の大掃除とまではいかないんですけど(ぜんぜん)
長く放っておいたPCに貼ったポストイットのメモを
1枚ずつ剥がして読んでみました。

重なってて急ぎでないメモはどんどん下のほうに。

そのときには重要だったはずなんだけど、
もはや意味不明。

惜しいなぁ。


-------
「あなたが世界を変える日」(単行本)
---
内容(「BOOK」データベースより)
1992年6月11日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。カナダ人の12歳の少女が、いならぶ世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをした。そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。
---

-------
「(エコ活動は)いかに楽しく、かっこいいか、面白いか」
「想像してください。そして、行動してください」

エコイベントでのやまだひさしの発言

-------
なまけないカメ

-------
ルールは社会がつくる
マナーは集団がきめる

-------

森山直太朗4/23
DJ OZMA4/26
まちゃまちゃ5/7
いのっち5/17
SHIHO6/6
KREVA6/18
井川遥6/29
はなわ7/20
はるな愛7/21
パッション屋良7/23
土屋礼央9/1
ロナウド9/22
桜塚やっくん9/24
一青窈9/26
三瓶11/23

ゆず
ジェイクシマブクロ
クロちゃん
辺見えみり
観月ありさ
瀬戸朝香
小雪
岡本知高
コブクロ
中田英寿
Cocco
劇団ひとり
ホリ

(同級生/76年+77早生まれ)


-------
マナーとは手段

-------
折尾駅
神くん

-------
山元加津子
「大好きは魔法の言葉」
「好きの証拠」
「特別に大好き」

-------
「来世生まれ変わったら必ず同じチームでホームラン競争しよう」

(清原引退の日に王監督が言ったメッセージ)

-------

共有感

-------

滝川雅美
(滝川クリステルの日本名)

-------


なんじゃこりゃ。


スクラップは好きなんだけど、
これはうまくつなぎ合わせられるかしら。
by nanea | 2008-12-30 01:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ウエディングとチワワ
今日は春のウエディングに向けた打ち合わせで、
年内の打ち合わせ納め。

ウキウキする春色ウエディングのお話で締めくくることができました。


年の瀬で忙しく、寒さに震えていても、
春に咲くガーデンの風景を思い浮かべたり、
夢中になって空想して話して、自由にその1日に思いを馳せるのを許されていて
イイ仕事だなーって思いました。



いい気分で、帰りはまたバスにて。
(目黒二子玉川のマイフェイバリットコース)


気の向くまま寄り道して、
ペットショップのガラスの前で気がついたら30分くらい経っていました。


3枚目の写真の角度からして、完全に座っちゃってますから。



ロングコートチワワ、かぁ・・・(惚)


f0025970_2151491.jpg

f0025970_2151431.jpg

f0025970_21514100.jpg

by nanea | 2008-12-29 02:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)
「Felting Art~ugodubと5組のなかまたち展」
f0025970_2562422.jpg

日記を更新していない間にも、
いろんな人と会ったり、
いろんなものに触れたりして
刺激的な日々を過ごしていました。


私のニワくらいに思っていた玉川高島屋に、
ルーフギャラリーというのがあって(知らなかった!)
そこで行われた「Felting Art~ugodubと5組のなかまたち展」に行きました。

お目当てはナガヌマミワコさんの作品たち。

遅くなってしまったので、ミワコさんには会えなかったけど、
作品たちにはたっぷり会えました。



これまで私が主催した3回のイベントに出展していただいたり、
夏の「naneaブライダルフェア マルシェduリングピロウ」では
ウエディンググッズのオーダーメイドの受注もたくさんいただいて
「ほらほらー!」
という誇らしい気分でした。


それまでウエディンググッズを作っていなかったミワコさんに
強引にお願いして作っていただいた試作(?)が
強烈にかわいくて、かわいすぎて、
やっぱり間違ってなかった!と確信したのですもの。
(個人的に眺めていて楽しかったっていうのが出展していただいた
1番の理由だったのだけど。)



その、ナガヌマミワコさんとの出会いから「羊毛フェルト」というものを知るようになり、
作家さんによって風合いや色合い、硬さ、デザインなど
一種の表現の手段というか、
なんて幅広いものなんだろうと知るようになりました。


それでも今でも、
ミワコさんのリングピロウが1番かわいいと思っているのは
ぴくりとも揺らがずに思っていることなのだけど。



それにしても、この展覧会は面白かった。


私は羊毛フェルトが主婦のお楽しみ的な印象が強い分野であることが
なんとなくもったいないような気がしていて、

いや、主婦のお楽しみというジャンルはホビー系お裁縫系の発展の大きな柱で
そこから発信される技術やディテールの向上が素晴らしいのは知っているんだけど、

例えば、これが「ウエディング」という角度から見たときに、
たちまち「遠い」ものになる。
近くて遠い、ちょっと手前という距離。


羊毛フェルトの作家さんがこれだけいて、
これだけ面白いものが生まれているのに、
アートとして、商品として、
ここまで届いてこないのはなぜだろうと思っていたから、

こういう展覧会がちょっと爽快なような、いい気分でもありました。

とか言いながら、
もうあれもこれもほしくて(作品展だけどほとんどが売り物)
連れて帰りたくてしょうがなくって、
うじうじと何周も何周もして
お姉さんたちに声を掛けられまくっていたのだけど。



ugodubさんの作品は
とくに前衛的で印象深く、
キャラクターとして確立された存在感に圧倒されました。

ひとつひとつの作品ももちろんとってもとってもかわいいんだけど、
ディスプレイとか全体の雰囲気づくりなどの
プレゼンテーションが本当に素晴らしかった。
完全にアート。


ほかに出展されていたのは、
「ChikuChiku」「hatomame」「rico
シーボルズ・オリジナルズ
の全部で6組。

個性や愛情、完成度など
感じることの多い作品たちと出会えて
本当に「行ってヨカッタ」と思いました。


またこんな機会には張り切って出掛けたいと思います。


イベント情報
Felting Art~ugodubと5組のなかまたち展
玉川高島屋S・C本館屋上 ルーフギャラリー
12月18日(木)~25日(木)
※すでに終了しています

f0025970_256549.jpg

by nanea | 2008-12-28 03:33 | オトモダチ | Trackback | Comments(0)
フィギュア好き
帰りの電車では、
「志村動物園」とフィギュア
ワンセグで行ったり来たりして観てました。


相葉ちゃんがイルカに乗った後あたりからは(←志村動物園)
ほとんどフィギュアに偏って、

すいた電車のドアの脇に立って、
ケイタイの小さな画面で(←ワンセグ)夢中になってしまったのは
村上佳菜子ちゃん。14歳。

表情やリズム感、スピード感、衣装を含めた雰囲気全体も、完璧に好みド真ん中で一目惚れしてしまいました。



あんなに広いリンクの上でたった1人、
大変な強さを持ち合わせている、本当に選ばれた人だけの競技だけど、
順位以外の見方があるのもほかのスポーツとの大きな違いで、
そこがまた面白い。


例えば、水泳だと、
2位3位の選手の泳ぎのフォームとか見てないしね。
評価されにくいよね。




フィギュアを観るときは、
いつもコーチに注目してどこか投影する思いを抱くのですが(謎)

今回はずっと応援してきた中野友加里選手が優勝圏内に入っていたから、
テレビ観戦にも特別に力が入ってしまいました。


中野選手は個性があって、しなやかで、
競技というより、踊りを観ているようで、
私にとって中野選手の出番こそが「フィギュアを観る楽しみ」になりました。


好みのものを見つけたり、自己投影できることこそが大衆性だと思うから、

成績だけではなくて、
演技そのものの個性や表現力を好きとか言ったっていいわけで。



でも、私はべつにアマノジャクではないので、
本当は、中野選手がちゃんと1番とって評価されてほしかった。


でも、いつもニコニコしている友加里ちゃんが、あんなに緊張した顔をして演技に入るのを観て、今日は逆に少しほっとしたというか、
それでも損なわれない個性を見つけて、
ますますファンになってしまいました。


やっぱり真央ちゃんは頼もしかった。



来年は、中野選手に加えて、村上ファンとしても、
びしっと応援強化していきます。




●関連日記
金メダル(荒川静香ショー)
http://naneab.exblog.jp/2093388
by nanea | 2008-12-27 22:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)
自家発電
f0025970_22102275.jpg

芸能人ブロガーが2、3日更新しないと
大病説(や、逃亡説)などの憶測が流れるっていうのとは違うと思いますが、

コニコニがフリーズしているせいで、
私の安否を気遣うご連絡を多方面からいただいてしまって、
恐縮しています。


逃亡してません。
(疑ってないか。)


冬眠の序章というか、
微量のアルコールのせいというか。
(とくに理由なし。)



昨日は夕方急に思い立って、IKEAに行きました。

自由が丘で思いついて、
田園調布からシャトルバスで。
(直行便の無料バス出てます。初めて乗りました)


我ながらナイスなヒラメキにバスでにやにやして、
前のめりな乗車姿勢でした。


こんなミニトリップは、いい気分転換になります。




年末だからか、
たまたまそういう時期が来たのか、
このところ決断しなければいけないことが本当に多くて
いっぱい頭を使ったので、
エンプティランプがちかちかしたまま走ってきました。
(現在進行形)



自分が動かないと前に進まないけど、
そのちょっとの頑張りがとってもタイヘン。

前に進まないから余計にネガスパイラルにはまり・・・

それで
「えーい、止まってしまえー」
なんていって
かえって大きなことになっちゃったりして、
フリーはタイヘンです。




奮い立たせた自分が励ます自分は
どこかちょっと他人ごと。


それなりのことには、それなりの努力や体力がいるわけで。


費やせないなら得られないわけで。


費やして得られなかったら、
ただ足りなかったのだと思うわけで。

(「風のガーデン」の見すぎか。倉本聰的なわけで。)



目下の課題は年賀状。
今年も12月35日くらいまでほしいです。


f0025970_22102225.jpg

f0025970_22102233.jpg

by nanea | 2008-12-27 22:10 | Trackback | Comments(0)
森 BOX(CD+DVD+etc...)
f0025970_1312088.jpg

f0025970_1312912.jpg

のプロデューサーさんから
BOX」が届きました。

クリスマスプレゼントかな。


17日に発売されたばかりの、
特典いっぱい、限定2000個のBOXです。

というのは
バンド名で、誰かの苗字を呼び捨てしているわけではありません。

例えるなら、森のくまさんたちです。


ピアノ(青柳誠さん)ギター(越田太郎丸さん)チェロ(柏木広樹さん)
ベース(西嶋徹さん)ドラム(則竹裕之さん)
の5人組で、

結成された頃までは、リハーサルや楽屋まわりなどをいつもチョロチョロと出入りさせていただいていましたが、
(いや「させていただいて」ではないか。)

仕事の都合などもあって、以来ライブにも行っていませんでした。


久しぶりに聴く「の音」は、
期待以上に進化していて、
バンドとしての幅も奥行きも広げていて、
「これが森?!」という場面に何度も驚かされたり、
キュートなおじさんたちのはにかんだ表情や優しい会話が浮かんできました。


新アルバム「AMBITIOUS」は12曲とたっぷりあるのに
1枚通して聴くことがまったく長く感じなくて
それでも、がもっている全ての面を楽しむことができているような気がします。

きっと、もっとあるんだと思うんだけど、
これだけ見せられちゃうとほかに想像できないし、
これだけのバリエーションは、以外のバンドにはゼッタイできないと思うから。


平和なドラマの挿入歌的な感じや
六ピ的な感じや
ジブリ的なワルツ的な感じや・・・
あーりーがとーーも。
(↑聴いた人にしかわからない)


ぜひ聴いてみてください。



BOXは、ライブDVDなどいろいろと入っていて、
中でも楽しみにしていたウサギのあみぐるみが
プロデューサーさんから聞いていたよりもかわい子ちゃんでぐっとキマシタ。

ウサ子と一緒に5人の楽器のチャームがついていました。

私のところに届いたウサ子はちょっとだけ佇まいがオジサンぽくて
かわいいです。
f0025970_1323855.jpg

by nanea | 2008-12-23 01:32 | Trackback | Comments(0)