ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
11年目のフリーの春
f0025970_6511276.jpg


年末年始あたりで「フリーランスになって丸10年」となり、
プロフィール写真(Facebookやtwitterで今も使っている桜の木のアレ)を撮影してから
この春で10年となります。
(プランナーとしてもこの春でちょうど14年)


苦労話を聞かれたときによく話してきた、その「4月」から10年で、
年末年始にはあまり思わなかったけど
桜が咲いたら急に、
10年だなぁーという思いが生まれてきました。


何かを成し遂げたいとかいう思いは初めも今もまったくなくて、
昔はだいぶ尖っていたと思う面もあるけど、
今はまわりが甘やかしてくれているだけで、中身はあまり変わっていないというような気がしていて
まさに最近にもそんな状況を実感する場面がありました。



就職という選択肢がないままに社会に出て、
周囲にはあまり取り合ってもらえなかったけど
私は「何でも屋」になりたかった。

すてきな人たちのお側にいたかったし
吹奏楽部の先生や、なにかの企画や、なにかの代筆(ごーすと?)や、なにかの根回しや、
いろいろな声を掛けてもらっていた当時のさまざまなチャンスに
120%、150%で応えていくということで
どうにか生活を成り立たせていくことはできないかと考えていた。
(生活←収入ということより)必要とされる役割をもってみたかった。


見切り発車をした矢先、
やっぱり30歳まではこのままでいられないだろうというふうにイメージしたので
何かの役に立つのではないかとこっそり着付け教室と色彩の勉強を始めたら
ブライダルという選択肢が出てきた。


結婚式場のアルバイトなら、
なんだか時給もいくらかわからなそうだし、優雅に聞こえるし、
周囲の人たちに心配されなくなるんじゃないかと「動機」が次々に浮かんだ。


ここで「なにかのフリーランス」になって、
いつまでもふわふわと、すてきな人たちのお側でにこにこと過ごしていたいと思っていた。



結婚式の仕事は、対外的な動機に過ぎず
自分で選んだ仕事とは言えないものだったけど、

まったくまったく想像もしなかった世界で
私は自分が知らなかった自分に出会い、
それまでまったく興味がなかった結婚式のことを
それまでとはまったく違う声のトーン、スピードで、
ぺらぺらとよく喋るようになった。

初対面のお客様と次から次へ
ぺらぺらと。


式場のアルバイトのあと、いつものようにライブに行ったら
「話し方が変わったね」と言われて
詳しく覚えていないけど、印象としては1か月くらい、
誰ともうまく話せなくなってしまった期間があった。

遊び半分でひょいっと跨いだ川の向こうから
二度と帰れないというような気持ちになった。


今思えば「若かった」「世間知らずだった」ということに過ぎないけれど、
「岐路」とはこういうことかという場面をいくつも経験して、

私は「結婚式の仕事」を、自分の意志で選び、
ウエディングプランナーという肩書きをよく気に入っているニックネームのような感覚で用いるようになり、
ウエディングプランナーのフリーランスになった。



そして、ウエディングプランナーは私にとって、
岐路、川を渡るときに、差し出される手綱のようなものになり、
何者でもない私は、
ウエディングプランナーというニックネームでたくさんのお客様や社会の人たちと出会い、
結婚式で見せてもらった感動や経験だけが私の強みになった。



フリーになるとき
「3年かかるよ」
「5年かかるよ」
「10年かかるよ」
と他業界、他業種の先輩方が揃ってそう言ってた。


私は1年もかからずにできちゃったかもといい気になっていたけど
(そんなにではないけど、ちょっと。)
3年経ったとき、5年、7年と
それぞれに大きな変化があり
「なるほど、このことか」
とどんどん面白くなってきた。

年をとるのがこわいという思いは私にもいっぱいあって
たぶん、多くの同級生よりも、私のほうがずっとずっと加齢に対しておびえていると思う。

それでも「10年経ったらどんなことが起こるんだろう」という楽しみな思いが
ちょっと苦しかった8〜9年目の支えだった。

苦しかったのは、ちょっとだけ「成し遂げた」ような気分になってしまったことと
社会の変化によること。

成し遂げたいことなんてなかったはずなのに
ちょっとお腹いっぱいになってしまったような感じがして。



私は目標達成型のタイプなので(分けると。)
結婚式の仕事で最初か2つめの岐路を通過したあたりから、
年齢で言えば、たぶん25歳くらいから
変わらずもっている「こうなりたい」という40歳の目標がある。

取材などで言いまくっているので
私の活動がやがて変わるのは周囲にも知られていること。

マイクを通してはっきりと話したのは
2012年1月の、The Professional Weddingのセミナーで登壇したときだったと思う。


「ななさん、占い師になるの?」
とよく聞かれるのはこのためだと思う。

占い師にはなりませんけど。
(「カウンセリング」という業態を、ウエディングで、ウエディングプランナーとして、やりたい。雑にかい摘んで言うと。)



そのアプローチとして、
「ブライダルフェアの企画」という仕事をしたいというところまで
だいぶ実ってきています。

とくに2月の「横浜ベイホテル東急」のブライダルフェアは
たまらなく楽しかった。
ウエディングプランナーでいることに、この先すがりついてしまうようになるんじゃないかというくらいに
楽しかった。
東急百貨店のも、ほかのウエディング会場のも、等しく情熱をそそげる心と頭の体力もついてきたと思う。
(体の体力は衰えていると知っている。もうすがりついている。)



フリーランスになったときもそうだった、
というのが思いのほか私の勇気になっている。

社会やブライダル業界の変化により
「ウエディングプランナー」という肩書きがしめす業務内容や業務形態のイメージが知られるようになり、
私は今すこし居心地がよくない方角があるけど
季節や時間帯が変わって日の射し方が変わるような感じのものだと思っています。


日が射してくるよりちょっと前をいくのがかっこいいと思っているんだから(もしくは反対側でも。)
そもそもどうしようもないし

道をつくるということでもなく、自分だけがそうなれればいいので
「占い師」の件は、あまり詳しく説明してあげないです。

占い師にはなりませんけど。



仕事はとても順調です。
有り難いことです。


私がウエディングプランナーでいられるのは、
私に結婚式の相談をしてくれるお客様がいるからです。

それでも、未来の、これから出会うお客様より、
これまでに私をウエディングプランナーにしてくれたお客様たち、ご夫婦たち のほうが大事だ、を
看板にしています。
まめに連絡をとるわけでもなく、失礼ばかりだけど
私がものを考えるとき、必ず意識するのは
これまでに出会って結婚式を見せてくれたお客様たちです。

もしその関係や思い出を売ることになるなら
いつやめてもいいと思っています。


でも、私のウエディングプランナーはけっこう定着していて
もうしばらくは大きな顔して名乗っていけそうです。



で、
ふと気づいたこと。

何度も岐路を過ぎて、
初めにいた場所、行きたかった場所からもうんと遠く離れてしまったと思っていたけど
そうでもなかったみたい。


大切な人たちは、誰もいなくなってない。

よかったね。




過去の日記に励まされることが多いので
久しぶりに。

コニコニは
「にこにこ」に似ていて好きな言葉。
意味は passion(ハワイ語)だそうです。
by nanea | 2015-03-29 06:48 | 思うこと | Trackback | Comments(0)