ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
最新のコメント
ありがとさん!
by ファン全員へ at 03:08
>happyちゃん 深..
by nanea at 01:40
たしかに、おはよーござい..
by bonjourhappy at 09:31
先日はステキな会でしたね..
by 堤千花 at 19:09
ルミ先生の話もしましたよ..
by nanea at 04:52
なんだか泣けてきます。 ..
by フカイルミ at 11:28
>だんさん ありがとう..
by nanea at 08:39
奈奈さん、この写真を選ん..
by だん at 16:32
ポッ♪ 念願叶って..
by Chayuka at 13:39
>Momoiさん 遅レ..
by nanea at 02:07
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
すてきな日
from HAPPYさんのにんまり日記
できました~!!
from HAPPYさんのにんまり日記
HIROSHIです
from おおきくゆったりの日々
ブライダルフォトはシカゴ..
from Magnum Yoda Ph..
プチアレンジ、つくってみ..
from HAPPYさんのにんまり日記
ミーティング♪
from HAPPYさんのにんまり日記
おめでとうの日
from HAPPYさんのにんまり日記
ワタベウエディング
from ワタベウエディング
結婚式 アドバイスについて
from 結婚式 アドバイス
検索
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
種を蒔く

ちょうど、悩んでいるころに
テレビから聞こえた(字幕だけど)言葉に
力強く引っ張り上げられた。


「another sky」
(2016/7/29放送)


俳優・長谷川博己さんがバルセロナで
学生時代に出会った恩人を訪ねたシーン。

その恩人 ホセさんの言葉だ。

ホセさんは弁護士で、現在84歳。
顔がちょっとピカソに似ていて、パワフルでおしゃれ。博識で遊び人。(←イメージ)

17年前バックパッカー的にヨーロッパを旅していた長谷川博己が立ち寄ったバルセロナのバルで出会ったそう。

ふたりの再会のシーンは、感動的につくられていないけど、とても素敵だった。


人生とは自由であること。
計画を立てて進むのではなく、偶然を楽しむことが旅であり人生である と
そんな話をしていた。

そして

「人は人に 種を蒔くために生まれてきた」

というメッセージを贈っていた。


「誰かが蒔いてくれた種をどう育てるのかは自分(相手)次第。ただ、種を蒔き続けるんだ」


ホセさんが長谷川博己に言ったのとは違う意味かもしれないけど、
私もなんだかふわーっと霧が晴れるようにこの言葉を受けとった。



種は、蒔いてきてたと思う。


蒔き続けることだけ考えればいいんだって思って。



今となっては何にそんなに悩んでいたのか忘れてしまったけど
あのときは頭で鐘がガンガン鳴るような衝撃だった。

でも今も録画をしょっちゅう観てるんだ。


by nanea | 2016-11-22 03:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
勇者の覚悟

テレビ録画を見て、一旦寝て目が覚めて
ネットで見つけた好きな文筆家の短編小説集を読んだりして、
もう一度寝ようとして、思い出した。


「断らないって決めてるんで。」 (注*)


このフレーズ、何度か聞いたことがある。

言ったこともある。


NOと言う 言える美学みたいなものももてはやされて、
一見おいしく見えることも断ったりして大胆に見せたりすることでどこかかっこつけてるようなことをしてしまうこともある。
(かっこつけでそんな勇気はないから本当は冷静な判断。時間とか条件とか、取り組む価値みたいなこととか。)


しかし、ほとんどは、
しのごの言わずに、
断らないって決めてる。



へんに駆け引きして、面倒だと思われたくないし、
ピンとこないことがあった時、ちょっと条件を出したくらいで状況が変わることはあまり期待できないとわかってきたのもある。

断らないと決めると
もう そういうことになっているから、スタートもゴールも違うと思う。

どんなリクエストにも、同じようにちゃんとやって、期待以上のものを返したいと思ったり、
断りたいとかすめたものは尚更、どうだ!と思えるようなところまで到達したいと思うようになった。と思う。


断る と言ったら偉そうだけど、
おじけづいてチャレンジしない というのも同じ意味。

勇者のセリフとも言える。

そして、覚悟のセリフ。


文句ばっかり言ってやらない人 の反対側にあるもの。



「断らないって決めてるんで。」

後ろでキラーンという効果音が聞こえて、素敵!とインパクトを感じていたけど
誰がいつ言ってたか、ちょっと忘れちゃったし、
私が何を断らなかったかも、ちょっと忘れちゃった。


書きながら、怯んでチャレンジしなかったことが幾つか思い浮かんで、
ちょっと恥ずかしくなった。



注*
今日はA-studioで高橋優さんが言ってました。


by nanea | 2016-11-19 03:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)
3分の2

初めてGクレフのコンサートに行った日から
今日で26年になる。
39歳なので、人生の3分の2。
ここからもっと比率は上がっていく。

色で言ったらもうほとんど次の色でしょ。

出会ってなかったら・・・とかいう意味のない空想も
戻れないところまで来てしまったおばさんの 楽しい遊びの一つだ。



先日、仕事で数年のお付き合いになる人たちに
とても驚かれた。

私にそういうものがあったのかと 見る目が変わった と言われた。

どういう意味だ?
(意外だった?仕事以外にそんなに好きなものがあったこと?)

今だってあの時の衝撃波に押し流してもらっていて
自分じゃ何も捕まえられてないというのに。


“ファン”というアイデンティティは
とても他力でとてもぼんやりしているけど
それでしか世界と繋がれないような感じがある。


今日も音楽を聴いている。
あるところで何度も何度もリピートしたりして、
気持ち悪い(悪がられるであろう)心の内を上手に隠しながら
社会を泳いでいる。


by nanea | 2016-11-18 13:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)
献身的なプレー

“献身的”と言われる仕事があって
おもにサッカー観戦の時によく聞いた言葉なんだけど

ライブを見ていて音楽家に対してもこういうことかと思ったことがあって

それから「献身的なプレー」とは
ケガをもかえりみず、ということではなくて、
とても集中している、というふうに受け取るようになった。


だから、献身的なプレー(仕事)とは、
お客様とかその場で起こるどんなことにも最速で最善の対応をすることで

それは「見ていて面白い」ものだと理解した。


お芝居とか、もちろん、コンサートとか、
結婚式でも会議でも。


どこからアドリブで、どこまで決まっていたのかわからない とか、
そんなものほど面白いでしょ。

どんなことも歓迎しますというような構え は
日々の努力で(筋トレ?常備菜の多さ?)保たれるものだと思うし、

ケガを恐れずケガをすることではなくて、
見逃さない攻めの目だったり、
ここは絶対私が守るみたいな圧 のことかもしれない。


集中していて攻めている、寄せつけないようで惹きつける、
献身的な仕事 を見るのが好きだ。

by nanea | 2016-11-17 19:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)
「人間」というコラム

1年半以上前から家にあった雑誌の
まだ読んでいなかった記事(コラム/連載)を読んだ。

急に思いついて、開いてみたら載ってた。
持ってたんだ!

読んでよかった。
雑誌、置いといてよかった。


思い出や「いつか要るかもしれないもの」で溢れていて
本当に窮屈に暮らしているけど
こんなことがあるから、やっぱり捨てられない。


依存している「モノ」(思い出や資料)=”過去”が
今や未来をどれだけ励まし照らしてくれているかと思うと
あんまり恥ずかしいことには思えないし、
私にはどうしても必要だと思ってしまう。

私が(暗い私が)
にこにこしてるのは、きっとそのおかげだと思うんだ。


きれいな、すっきりとしたところに引っ越そうとする夢をよく見るけど、
ないだろうなぁ。


by nanea | 2016-11-15 17:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)