ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ディナーショウ
ディナーショウ_f0025970_1533881.jpg

ディナーショウ_f0025970_1533262.jpg

ディナーショウ_f0025970_213261.jpg

ディナーショウ_f0025970_211599.jpg

ディナーショウ_f0025970_152493.jpg

ディナーショウ_f0025970_1524169.jpg


フラの発表会
ディナーショウ形式なので、
出演者とお客様と一緒に食事をしてから出番がくる。


出番の前、お酒どころではないはずなんだけど
なんだか今回はずいぶんとビールをいただいてしまった。


同じグループのみんなも広い会場(40テーブルくらい?)にばらばらに座っているので
みんなが準備に向かうのをキョロキョロ見ていて(自己管理が甘い)
ちょっと落ち着かないけど、
招待したお友達と一緒にステージを見たりできるのは
とってもいい。


衣装がかわいいとか、
曲がいいとか、
あの手はマイレを表しているとか、
すっかりお客さん気分で見ている。

同じテーブルの、ほかのクラスのひととおしゃべりしたり、
スチールギターの音色に夢中になったり、
客席はたのしい。



そもそもホテルの「宴会場」は居心地がいいでしょ。


厨房を通り抜ける感じも、
シワのないスカイブルーのテーブルクロスも、
婚礼料理とは違う
ちょっとクラシックスタイルな和洋折衷もたのしい。


(従来型の)和洋折衷ってこんなだった。
お皿の上でミックスされているのではなく、
お皿ごとに、和調(和食調理場)さんと洋調(洋食調理場)さんから出てくる感じ。



今回のコースは
テリーヌ、パイ包みのスープのあとに煮物。
つづいて、
プラッターサービスのお肉料理のあとに
サラダとお寿司。

フルコース。
ターンテーブルが生かされている。


デザートは食べそびれ、写真も撮りそびれてしまったけど
秋の彩りだった。


ザ・宴会料理。

ビバ。



今回が24回目の発表会。
10年、15年、など節目を迎えるメンバーには表彰?もあって
心からの拍手がたくさん贈られる。


出る人にとってもそうだけど、
観る人にとっても年に1度の楽しみとなっている「恒例」な行事なのだとよくわかった。


(つづく。)
by nanea | 2011-11-24 02:17 | フラ日記
フラ発表会
フラ発表会_f0025970_23463837.jpg

フラ発表会_f0025970_23475598.jpg


日曜日は、年に1度の大イベント、
フラの発表会でした。

モアナ羽田先生に指導していただいているたくさんのクラスのみんなが集合する、感動的な催し物です。
緊張もたのしさも、心の伝わる特別な会です。


私は、発表会に出るのは4回目で
クラスが変わってからは3回目。

去年が数年に1度のホール公演で、
今年は品プリでのディナーショウでした。


一昨年は初めて尽くしで、あんまり覚えていないけど
今年は準備も担当の係をもたせていただいて、
同期やお姉さんたちを頼りながら、
準備も踊りも、実感しながらできました。


リハーサルのあと、本番前に
200人以上で撮る「全員集合写真」も年に1度の大行事ですが、
撮影前も少し余裕があったので
ちゃんとセットされたプロの撮影コーナーで
ひとりずつ写真を撮ってもらったり
(修正までしてくれるらしい。お見合い写真に。)
差入れのお菓子をいただいたり
たのしく過ごしました。


1曲だけ出場?出演?するイベントもたのしいけど、
発表会は荷物も多いし、
早着替えとか、カミ手シモ手の移動とか、
踊り以外の不安要素もとても多い。


でも、
背中のチャックも、もたもたしているうちに誰かが上げてくれるし、
舞台袖ではみんなが声を掛け合っていて、
ときどきちょっとふざけていて、
とってもいい。


お客様たちが、先生やお姉さんたちのフラにうっとりしているのも嬉しい。
目をキラキラ輝かせて見ているのも嬉しい。



ステージに立ってわかることってやっぱり多くて、
また1つもこぼさずに覚えていたいなぁーと思う。


尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。


(つづく。)
by nanea | 2011-11-24 00:26 | フラ日記
健康診断
昨日は健康診断でした。

2007年から毎年この時期に受けていて
日記によると
2007
2008
2010
で2009年がない。
受診表を見たら、やっぱり2009年は抜けていた。

2009年の11月は何をしていたんだろう?
(映画「THIS IS IT」とかを観ていたみたい。mujicafeでコンニャク入りカレーに驚いたのもこの頃か。)



地域の自営業向けの健診で
隣の区の区民会館で受けています。

前回までの3回連続で撮った写真、今年もと思っていたけど
更衣室の場所が変わっていて撮れず。
入口の看板もなかった。
2007、2008年に健診後に行ったカフェもなくなっていた。
(去年にはもうなかった)


いろいろ変化する中、
身長だけは2007年から1ミリも変わっていないのがすごい。
今年もぴったり「160.0cm」でした。

計測の精巧さというか、
伸び縮みのない私もすごい。


◎断食について
「21時まで」と思い込んでいたけど、よく読んだら「22時まで」だった。
お水も飲んではいけないということだったけど
twやFbで不安をぼやいていたら
消化のいいものなら(アルコールも?!)多少OKとか
励まし&アドヴァイスをいただいて緊張がほどけた。



◎忘れもの
事前に送られてきていた記入済みの書類を忘れたけど受診できた。
たぶん1番忘れてはいけない書類が先方の理由で当日渡しになっていたからだと思うけど
忘れないようにと玄関に置いておいたのをうまくまたいで出掛けたらしい。

私の前に受付したひとも忘れものをしたらしくて(私よりも多く)
「ふたり連続なんてすごい」と受付のお兄さんがえらく笑っていた。
ここの健診は全体的にいろいろ柔軟なのが毎年続けられる大きな理由のようにも思う。



◎眼圧検査とバリウム
眼圧検査とバリウムがとても苦手で、
本当に憂鬱。

目のほうは
座る前に
「ニガテなんです」と言ったら
「ニガテと思っちゃだめよ」と担当のお母さんが言いながら
私が構える前にやってくれた。
両目とも不意打ちで。

「初めて一発でできました」
って言ったら
「おばさんパワーね。娘と思ってやればいいのよ。ハハハー」
と笑ってた。

ありがとう。


バリウムは
今までは毎回X線のバスに乗ると1人だったので
ごね放題だったけど
今年は1人出ると1人入るというくらい混んでいて
私の前の3人はあっさり飲んで入って行った。

人のを見ていたら私もできそうな気がしたけど
やっぱり何度も失敗してしまい(げぷ)
もうバスの中のほかの人のこととかどうでもよくなって
「もう飲めましぇん」
と泣きながら検査してもらいました。


担当のお兄さんが
(オカムラさんのカにアクセント。和ませようとしてくれてたのか、ただ間違ってたのか。つっこむ余裕はなかったけど気になった)
私がニガテな理由を冷静に分析してくれて
来年に向けてアドバイスをしてくれた。

(それなら出来そう!)


こんなふうに目の前の人を待たせたり、
自分の失敗でやり直しをさせてしまうようなこと、
(=迷惑かける)
たぶん普段からけっこうやってるんだろうとは思うけど、
慣れない環境のぶん、そういうこと1つひとつが悲しく感じられて。



年1回の簡単な健診でこんなに大変なんだから
今の健康におごることなく
もっと気をつけないといけないといけないなぁと思うし
丈夫な身体をもてたことに本当に感謝してしまう。


まずは、
体重の3キロ増をおもく受けとめたいと思います。


健康診断_f0025970_7481030.jpg


断食後(たかだか半日だけど)の
天ぷら定食は胃にどんと来ました。
これも学習。
by nanea | 2011-11-11 07:50 | 日記