ナネアのコニコニ日記
naneab.exblog.jp

ウエディングプランナー 岡村奈奈  http://www.nanea.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
きっかけ
from HAPPYさんのにんまり日記
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
an・an(女の選択)2/27号


an・an (アン・アン)
2013年 2/27号
マガジンハウス
¥420
Amazon.co.jp


インタビュー記事が掲載されている「アンアン」が昨日(2/20)発売されました。


引出物に関する取材でお話ししたことはあったものの、
経歴については知らずに連絡をいただいたので

「転職」じゃないし(=ずっと転がっている。たぶん今も。)
どれが選択だったか(=けっこうある。大きな岐路)

「大丈夫ですか?!」
を繰り返して迎えた取材日。


おもしろいおもしろいと聞き上手さんたちに乗せられて
身の上話を聞いてもらって、
なんだか極上に気分がよく、
また、すてきな感じの人のような記事にしていただき、極上。



休み明けでぼんやりした顔だけど(=働き盛りでも同じ顔)
顔写真入りで掲載していただいています。



テレビや雑誌などで見る、こういう、ひとの「転機」や「岐路」って
すごく好きなんだけど、
自分と似ているひとってまだ会ったことがなくて、
(探しているわけではない)

どこかドラマ(←現実味がない)
のような感覚で見てしまうんだけど

だから基本的に、自分に置き換えたような感想はもたないけど
強いて言えば
「そんなには頑張れないな」とか
「そんなに"なりたい""変わりたい"って思えるってすごいな」とか
思ってしまったりするんだけど


このアンアンのほかの11人の「ドラマ」は
短くまとめられているけど、なんだかとてもリアルで

こうして今まさに頑張っている、
「こっちの道に来てよかった」と言って、心豊かな日々を走っているひとたちの言葉に

また何年後かに話を聞いてみたいなとか、
これからも頑張ってね、みたいに勝手に
現実味のある感想をもったりしています。



大人になったら、もっと選択肢がなくなって
そんなに迷ったり悩んだりしなくなるものかと思ってたけど、

もしかしたら若い頃より「選ぶ」という場面が多くなったかもしれないなーと思う。


ともかく、
私が「女の選択」に載っているのは、ちょっと面白い。


ぜひ、記念に見ておいてください。
by nanea | 2013-02-21 07:02 | メディア関係